スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
明日はアーリントンCだ。注目の良血馬は勝てるのか。
 明日はアーリントンC。世間が注目している馬はもちろん良血馬ポルトフィーノ。でも今回勝てるかと言ったら話は別。俺の見解だと好勝負はするが他にも可能性のある馬がいる。結論から言うと、本命はルールプロスパー。

 展開を俺なりに予想すると、今回大外枠に入ったポルトフィーノを武豊はスタートがどうであれ、下げるに違いない。2戦続けて逃げ切り先行勝ちということで、明日は控えての好位差し、もしくは溜めてのまくりきっちり差しを狙ってくるだろう。他の有力馬のアポロドルチェ、スマートファルコン、ドリームガードナーなども後ろから。ということは単純に考えて穴を空けるとすれば、それは前で勝負する馬。それがルールプロスパー。他にも先行馬はいるが、俺が強い、勝てるかも、と思ったのはルールプロスパー。アポロ、エーシン、ガードナーの朝日杯組は着順から言っても実力は似たようなものだが、ガードナーは次走のシンザン記念でドリームシグナルの2着に好走している。ということは朝日杯でガードナーに先着しているアポロとエーシンはそれよりも強いのか、といったら果たしてどうなのだろう。いくら朝日杯が内枠有利だったからとは言え、直線でもうちょっと伸びても良かったのではないだろうか。朝日杯惨敗組の好走よりも、それ以外の新星登場の方が俺自身納得いくし、レースとしても面白いと思う。だからこそポルトフィーノがこのメンバーを一掃するシーンも見てみたい気はする。ポルトフィーノの過去のレース内容を見ても期待はある。が、展開、天才は何を考えているかわからん云々ありで、対抗評価としておく。
 
 話はルールプロスパーに戻るが、この馬の前走は、ダンツキッスイが単独で逃げるハイペースの中、2番手追走で自ら捕まえに行き、捕らえたところで、後ろからやってきたディープの妹にちゃっかり差されたという内容。あれはしょうがないとみた。あのレースでルールプロスパーに先着された馬たちはちゃんと勝ちあがっているし、レース自体のレベルは決して低くはない。今回のアーリントンCは先にも述べたが、有力馬は揃って後ろから。勝つのは前から勝負のこの馬とみた。本命ルールプロスパー。

 3番手評価を一応挙げておく。スマートファルコン。前走の共同通信杯は7着ではあったが、決して悲観する内容ではない。道中、ノリお得意のぽつん最後方追走から、4角で外々を回って直線外、外、外を回してひたすら追う、という全くお上手でない競馬。馬の力で伸びてきたものの、あれでは勝てるわけがない。しかし今回はどうだろうか。有力馬はこの馬と同じく後ろからだが、2枠2番ということで、道中内でじっくり溜めて、なおかつ直線、内が空けば余裕で突き抜けてくる場面も予想できる。

まとめ
◎ ルールプロスパー
○ ポルトフィーノ
▲ スマートファルコン
スポンサーサイト
【2008/02/29 19:56 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。