スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
湘南の夜明け ~皐月賞~
 もうアップします。皐月賞の予想です。迷いはありません。本命はショウナンアルバです。とにかくこの馬が一番強いと思います。何度も何度も言いますが、若竹賞はレベルが高かったです。逃げ切ったショウナンアルバは世代最強だと思います。前走の負けはご存知の通り、抑えたからです。本番の蛯名はやってくれます。勝ってくれます。

 対抗にスマイルジャックです。2週連続小牧はどうかと思いましたが、スプリングSでアルバに勝ってしまったので、ここでの対抗評価はやむをえません。おそらく一番「無難」な競馬をするのはこの馬でしょう。掲示板には間違いなく載ると思います。あとはいつもどおり馬券になってくれれば・・・。

 そしてこの馬を忘れてはいけませんね。マイネルチャールズ。3番手評価にしときます。おそらく一番人気でしょう。3連勝は見事です。唯一重賞を2勝しているだとか。でもそれは相手が弱かった。俺はそうみています。今回の皐月賞でマイネルチャールズは感じることでしょう、「みんな、速ぇ!」と。

 あと、気になる馬をちらほらと。

 まずフローテーション。とにかく格好いいです。好きです。見た目だけじゃありません。前走のスプリングSは見事な差し脚でした。ノリが上手かったというのはもちろんですが、本番でもやらかしてくれるのでは?と思わせてくれるような粋の良い走りっぷりでした。チャールズと単穴で迷いましたが、まあ別路線を入れといた方が良いかなと。

 ブラックシェル。この馬が皐月賞を勝つイメージがどうしても湧かないのですが、やはり上がり3Fのタイムは気になってしまいます。初戦以外は全て一番。差しが決まる展開になったとき、突き抜けてくるのはブラックシェルと武豊なのか、どうなのか。

 タケミカヅチ。このような堅実な馬はいつかやらかします。共同通信杯でショウナンアルバに迫った脚は素晴らしかった。いいとこ2,3着のイメージですが、この馬がもし頭で来たら、額はぶっ飛ぶことでしょう。マルチで押さえときます。

まとめ
◎ ショウナンアルバ
○ スマイルジャック
▲ マイネルチャールズ
△ フローテーション
△ ブラックシェル
△ タケミカヅチ
スポンサーサイト
【2008/04/17 01:32 】 | 未分類 |
吹き荒れる、ウォーエンブレム旋風 ~桜花賞~
 混戦のようなので、自在性のある安定した馬を本命にします。エアパスカル。本命デス。トールポピーやオディールに僅差で勝っているのに、人気開き過ぎです。なさ過ぎです。美味しい。美味しすぎる。前走は展開がはまった?違います。藤岡がはめたのです。ポルトフィーノが回避した今、逃げるのはデヴェロッペ、エイムアットビップ、ブラックエンブレムあたりでしょうか。その後ろ、好位追走で直線抜け出してそのまま、そのまま!・・・みたいな?決まりです。間違いありません。チューリップ賞組が来るというデータも後押ししています。芝なら連を外していません。来ます。本命エアパスカル。よろしく。

 対抗はブラックエンブレム。もう今回は前目の馬で決まるとしか思えません。それはなぜか?簡単です。後ろから行く馬が多いからです。しかも人気どころ。マイネレーツェル、オディール、リトルアマポーラ、トールポピー、ベストオブミー、ソーマジック、シャランジュなどなど。せいぜい後ろの方で牽制し合ってくださいな。エアパスカル&ブラックエンブレムのウォーエンブレム産駒、行った行ったで決まりますから。松岡は人気薄でこそ狙うべきです。来週のマイネルチャールズなんて狙えたもんじゃありません。紐では押さえますが。少し脱線しましたが、とにかく、フラワーカップ組も何気に来るというデータがあるように、16番がちょっと外でも、俺はウォーエンブレムの血を信じます。

 馬券は2頭軸流しで購入したので3番手は別に挙げなくても良いのですが、一応。オディールです。やはり一頭は追い込んでくる馬が絡んでくるだろうと。アンカツは前走で溜めれば切れる馬ということがわかったでしょう。今回も溜めます。きっと。先行すると阪神JFのようになるからです。上がりは一番を出すかもしれませんが、届かないと思います。3着か4着か。そんなところでしょう。多分。

 阪神JFでお世話になったトールポピーは、長く良い脚を使えるということから、桜花賞というより、オークス向きだと思うので、今回は紐ということでよろしく。それに今回は阪神JFの時以上に先行馬が強力なため、ジリっぽいトールポピーでは差せないとみた。

まとめ
◎ エアパスカル
○ ブラックエンブレム
▲ オディール
△ トールポピー
【2008/04/12 16:44 】 | 未分類 |
若竹組強し。
サトノプログレス・・・、若竹組(泣)。
【2008/04/12 16:17 】 | 未分類 |
荒れる重賞、でも勝つのは人気のダンディ ~ニュージーランドT~
 前々から若竹賞組を推している俺の本命はもちろんアサクサダンディ。ここは楽勝とみます。最悪、連は外さないでしょう。やはり若竹賞組はレベルが高かった、ということが、ニュージーランドTや来週の皐月賞でわかることでしょう。この馬はセンスの良い走りをするので安定感があります。乗り手がアンカツということもあり、人気はそれなりにするでしょうが、GⅠホースのゴスホークケンや武豊のダノンゴーゴーがいるので単はそこそこ付くと思います。ここを勝って、NHKマイル&ダービーで活躍してほしいです。頑張れダンディ!!!!!

まとめ
◎アサクサダンディ(鉄板、のようなもの)
【2008/04/12 00:40 】 | 未分類 |
真面目な予想 ~産経大阪杯~
 そろそろ勝とうぜ、ドリパス君。叩いて良くなってきたのではないだろうか。しかも57キロでしょ。59キロの馬には負けないだろう。サムソンとかアサクサとか。牝馬のダイワスカーレットは56キロ。斤量差はたったの1キロ差。これにも負けないでしょ。そしてメンバーのほとんどは先行馬。後ろから行く馬は、ドリームパスポート、インティライミ、サンライズマックス、ブライトトゥモローの4頭。差しが決まる展開だとして、一番切れる脚を使えるのは・・・?ここが難解だ。正直近走から考えてもドリパスが先頭で後続をぶっこ抜くシーンは想像出来ない。が、着実に着順を上げてきているのは事実。松岡もいい加減、慣れただろ。期待したい。

 サンライズマックスの勢いにも注目。差しが決まるのならドリパスだけでなくこの馬が突っ込んでくる展開もあり得る。57キロを背負うが、脂がのってる4歳馬。今が成長期ということで、こなすとみる。対抗一番手。

 単穴にダイワスカーレット。説明は不要だろう。現役最強牝馬から現役最強馬になれるのか。正直、上記2頭には敵わないとみたが。

まとめ
◎ ドリームパスポート
○ サンライズマックス
▲ ダイワスカーレット
【2008/04/05 22:19 】 | 未分類 |
もしもヴィクトリーが一着だったら・・・
 今回の産経大阪杯、もしもヴィクトリーが勝ったらどうします?そりゃーもうビックリしますよね。まあ有り得なそうだけれど、俺自身、もしかしたら・・・なんてことを思っております。

 何故なら!阪神二千だから!そう!去年の若葉Sです。皆さんは覚えているでしょうか、颯爽と先頭で駆け抜けた馬を。そう!ヴィクトリーです。今回の産経大阪杯でヴィクトリーが勝つための条件、それは単騎逃げをかますこと。しかないと思います。ヴィクトリーの前走(フェブラリーS)を見て思いました。『陣営はヴィクトリーに抑える競馬を覚えさせることを、諦めたのでは!?』もしそうなら今回、有り得ます。好走は十分に有り得ます。

 では二着には何が来るの?メイショウサムソン?ダイワスカーレット?違います。皆さんは覚えているでしょうか、去年の若葉Sで先頭でゴールした馬にすんばらしい末脚で詰め寄った二着馬を。そう!サンライズマックスです。三連勝の勢いに乗り、57キロなんてなんのその。連をきっちり確保します。

 じゃあ三着は?それはもちろんあの馬でしょう。前々走五着、前走四着、ときたら次は・・・。はい!ドリームパスポートです。

 ヴィクトリー→サンライズマックス→ドリームパスポートの3連単なんてどうでしょうか。あはは。

 ・・・真面目な予想は後日書きます(笑)。

【2008/04/03 23:59 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。