スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
トップハンデだけどまあ大丈夫でしょ ~中山記念~
 力関係を考えれば、昨年の覇者カンパニーが抜けて強いと思われる。ネックは歳なのだろうが、終わったとか、まだ終わってないとか、そんなの知らん。枠も内を引いたし、上手いこと立ちまわれば、後続にそこそこの差をつけて先頭でゴールできるのではなかろうか。

最近また先行できずにいるカンパニー。スタート&位置取りがカギとなるだろう。GIでなかなか勝てないノリだが、GIIなら普通に勝ちます。

鉄砲が利くのも魅力のひとつ。昨年のマイルCS以来だが、そこんところは心配なし。

敵はフジ、エアあたりだろうか。この辺に人気が集中してくれるとうれしい。紐はそこまで荒れないと思うので、単勝勝負予定。昨年のオッズくらいはついてほしいのだが。


まとめ
◎カンパニー
スポンサーサイト
【2009/02/28 17:24 】 | 未分類 |
回避らしい・・・
 ホッコータキオン、回避だそうです。残念です。
【2009/02/26 14:32 】 | 未分類 |
朝日杯4着のあの馬は・・・
 ホッコータキオンがアーリントンCにでるらしい。単勝オッズはどのくらいつくのだろうか。気になりすぎたので、投票フォームを設置してしまった。みんな、オラに元気を分けてくれ。
【2009/02/23 15:35 】 | 未分類 |
明日はミリオン(-α)ヒット狙います ~フェブラリーS~
 ここまで、データで絞れたことが過去あっただろうか。数々のGIデータを調べ続けた甲斐があったもんだ。フェブラリーSがGIとなってから12年と日は浅いが、今ここには確かなデータがある。その内容は以前の記事で触れたとおり。導き出した本命はもちろんこいつ↓

自信の本命フェラーリピサで勝負。とにかくほぼ全てが好材料。私的データで減点0だったことはもちろん、枠も8枠を引けたことが大きい。フェラーリピサは8枠なら3戦3勝、勝率100%。そして、ダートに強い岩田、重賞に強い岩田、人気がそこそこの馬に乗れば強い岩田、そして何より私が買うと来る岩田である。さらに前走の根岸Sでは着差以上の余裕の勝ちっぷり。好位追走からの抜け出しそのまま、という正にあっぱれな勝ち方だった。東京ダート3101も強調材料。しばらく連を外していない安定感はご存じのとおり。調教も凄く良い動き。ここまで良いことづくしで来ないはずがない。軸はこいつで大丈夫でしょ。・・・たぶんね。

対抗はカネヒキリ。◎がこいつを破って世代交代か?というのが個人的な今回のフェブラリーSのテーマである。枠も歳もデータ的には2着まで。実力は砂のディープと言われるほどだが、はたして。

▲にヒシカツリーダー。マイル実績はないが、上がり3Fの鋭い走りからも浮上可能とみる。

体調不安説あってもやっぱり怖い武豊ヴァーミリアン、シンクリ産駒善戦マンと化したのかサクセスブロッケンまで。

まとめ
◎フェラーリピサ
○カネヒキリ
▲ヒシカツリーダー
△ヴァーミリアン
△サクセスブロッケン
【2009/02/21 19:46 】 | 未分類 |
京都記念の注目馬
 京都記念、私はカネトシツヨシオーに注目している。複勝勝負がアツいのではないかと。この馬、前走こそ大敗だが、ちょ~久し振りの出走だったからしょうがない。何といっても強調材料は金鯱賞の5着。この馬は力を発揮すれば普通に上位争い。今回のメンツならね。

というか、おいしい馬を探したところこうなった。結局アドマイヤオーラは人気先行だしいくら実力があるからといって来るとは限らない中途半端な成績だし。

サクラメガワンダーはおそらく1番人気だろうけれど、福永だからやらかすと思うし。

データ的に牝馬は厳しいから、カワカミプリンセスも買いづらいし。

上がり馬だからって、前走「ひょいっ!」って抜け出して勝ったようなチョウサンデイは今回はなさそうだし。

アサクサキングスは京都巧者だとしても、もう終わったっぽいし。


まとめ
☆カネトシツヨシオー
【2009/02/20 16:53 】 | 未分類 |
追加 ~フェブラリーS データ検証 3~
 やっと、リーチザクラウンのショックから立ち直りました。ブログ再開します。

フェブラリーSの登録馬が発表されたので、まだデータ検証していなかった馬についてちょっと書きます。

カジノドライヴについて
えー、残念ながらマイル戦未勝利の上、前走1600万下出走のため、3着まで・・・ということで。
人気の吸い取りをよろしく。

ナンヨーヒルトップについて
前走6着以下だからだめ。3着まで。

以上っす。

【2009/02/19 15:15 】 | 未分類 |
こっちは適当 ~ダイヤモンドS~
 な、なにぃ!?さ、サッカーボーイだとぉ!!!!

本命はスノークラッシャーに決定。私が買うと松岡あんま来ないけれど。

えーと、あとは・・・、
長距離といえば、オペラハウス産駒!ということでサケダイスキ。
ダンスダンスレボリューション!!ということで、エーシンダードマン。
ベタだけど長丁場戦で典は外せません。ウォーゲーム。
吉田豊も長距離やれます!ってなわけで、ウインカーディナル。

以上5頭のボックス馬連と、「東京」だからという理由だけでベンチャーナイン&◎の2頭軸総流しの3連複で勝負。


まとめ
◎スノークラッシャー
○ベンチャーナイン
▲ウォーゲーム
【2009/02/15 15:24 】 | 未分類 |
豊さん、先週はお疲れ様でした ~きさらぎ賞~
 さあ、やってまいりました、きさらぎ賞。10頭立てということで、今回は総流し作戦でいきます。点数少なくて済むからね。それに今回はおいしい養分馬が・・・。ぐぇっへっへ。

本命はずばり、べスメンことベストメンバーです。今日はこの馬でいきたいと思います。一通り出走メンバーでいい感じの馬たちの過去レースに目を通しました。その中で一番光った走りをしていたのがこの馬ベストメンバーです。タイムもなかなか良いものをもっています。前走の中山では素晴らしい差し切り勝ちでした。四位もそれができるか?というところですが、彼のリーディング成績は現在あまりよくはありません。だからこそ、この辺で勝って順位を上げてくるのではないかと予想します。マンカフェ産駒という観点から言うと、今年は京都マイルならそこそこいけているのですが、1800となると・・・うーん、微妙です。しかし、四位は乗り方を決め打ちすると、どこかで聞いた気がします。今回は末を活かす競馬をするでしょうね。間違いなく。それもマークはリーチザクラウンではありません(こやつは馬券圏外かと思われます。前走は完敗でした、今更新馬戦のときのような控える競馬をしようとしても無駄です。最後は止まるシーンしか想像できません、私には)。後藤の馬、リクエストソングです。この馬が最後抜け出したところを差す予定です。絶対そうです。そうに違いありません。・・・いや、どうでしょう。

というかもう馬券を買ってしまったので来ると信じるしかないです。リクエストソングは後藤がそのセンスにほれ込んでわざわざ京都まで乗りに来た馬。そして、なんといってもシンクリ産駒。この産駒は勝てないまでも2,3着が多いということで有名です。おそらく今回はハナ差では残れません。差されます。差すという観点からいうと、岩田の乗るダノン、アンカツのキタサンなどのセンも考えられましたが、ダノンは正直右回りがどうなのか?そして、岩田さんには来週勝ってもらうつもりなので、今日は大人しくしていていただきたい、という理由から紐までということで。キタサンは無敗馬ですが、どうも、過去2レースの勝ちっぷりが感動モノではありません。キャリア2戦というのもデータ的には不利です。しかし底を見せていないという点では、完全切りというわけにはいかないですね。こちらも紐までとしておきます。


まとめ
◎ベストメンバー
○リクエストソング
△他全ての馬

p.s. リーチザクラウンが勝っちゃったら、もう私はこの先どうしていいかわかりません。
【2009/02/15 14:57 】 | 未分類 |
回避か・・・
 ダイワスカーレット、フェブラリーS回避だそうで。松国さん、またですか。

まあでも故障させるほどのスパルタだからこそ、今までの連対記録がある、とも言えるかもしれません。
【2009/02/12 16:40 】 | 未分類 |
次回 ~フェブラリーS データ検証 2~
 データ検証、終了しました。

ではまず、あがいても3着が限界な馬たちを発表します。

ダイワスカーレット
バンブーエール
サンライズバッカス
トーセンブライト
カフェオリンポス
アドマイヤスバル
エスポワールシチー
ヒシカツリーダー
キクノサリーレ
エイシンロンバード
ビクトリーテツニー
オフィサー

えー、なんとダイワスカーレットが入っちゃているんですね。もしこのデータ通りになるとしたら、ダイワスカーレットがフェブラリーSで初めて連を外すということになってしまいますね。ちょっと想像し難いので牝馬に関するデータも少し掘り下げて調べてみます。

牝馬で3着以内に入ったのは過去3頭います。2000年のフェブラリーS(勝ち馬ウイングアロー)。その時の2,3着馬が牝馬でした。2着がゴールドティアラ(4歳)、3着がファストフレンド(6歳)。そして、翌年2001年のフェブラリーS(勝ち馬ノボトゥルー)。その時の3着馬も牝馬です。トゥザヴィクトリー(5歳)です。

ここで、注目すべきは・・・、もちろんトゥザヴィクトリーですね。ゴールドティアラもファストフレンドもダート馬なのでフェブラリーSで好走できたのは別に驚くことではありませんし。ダイワスカーレットがフェブラリーSで好走できるかの比較対象として適しているのは、トゥザヴィクトリーで間違いないでしょう。偶然にも当時ダイワスカーレットと同じ5歳でしたし。というわけで、今回のフェブラリーSのテーマは「ダート初のダイワスカーレットがいきなりフェブラリーSで好走できるのかfeat.トゥザヴィクトリー」に決定です。

ここで極論を言っちゃいます。要は、ダイワスカーレットがトゥザヴィクトリーを超える器なのか?ということですよ。いや、実績見ても明らかに上です、ダイワスカーレットのほうが。問うのがばからしいです。・・・、ということは!やはりダイワスカーレットの連対記録は続く!?そういうことか。そういうことなのか?んん?

いや、しかし時代の違う馬を比べるのもなんかナンセンスというか、なんというか。トゥザヴィクトリーはこの後ドバイワールドCで2着してるんですね。これが。

うーん、なんかダイワスカーレットがやれる気がしてきた。データ的にはあくまでも3着までなのだが、これはもう少し悩みそうだ。

話は戻りまして、データ的に来ても2着までの馬を。

ヴァーミリアン
カネヒキリ
サクセスブロッケン

「えー、この中から勝ち馬でないのぉー、信じらんなーい」という気持ちです、私は。やはり歳には勝てないということなのでしょうか。歴代の勝ち馬はいずれも6歳以下でした。ヴァーミリアンvsカネヒキリの時代はこの辺で幕を閉じてしまうというのか。どうなのか。サクセスブロッケンに関しては、ブロッケンファンの方は残念でしょうが、前3走に連対なし、というデータで2着までとなってしまうんですね~。

というわけで、残ったのは1頭ですね。私はこのデータを調べる前に確信めいたものがありました。もしかして、データで残るのはあの馬1頭なのではないか、と。だからこそ、2週間前だというのにこんなに長文を書いたわけです。いやー、見事に残った。「・当該コースを経験しながら勝ち星がない(GIのみ経験馬は除く)」のデータをクリアできたのが大きい。あとはこの馬が馬番1~5にならないことを祈るのみ。
【2009/02/08 21:59 】 | 未分類 |
すこし早めに・・・ ~フェブラリーS データ検証~
 ぐおー!!!デムーロぉぉぉぉぉー!!くやしす。

というわけでなんか非常に残念な気持ちなので、フェブラリーSの登録馬でもデータ検証してやります。絶対当てちゃります。その前にきさらぎ賞やら、ダイヤモンドSやらありますが、とりあえず今はフェブラリーな気分なので。あ、ちなみに私は「アンチ」リーチザクラウンですので、来週の予想をお楽しみに。

では登録馬30頭を一挙大解剖!!!・・・は、しません。一応16頭は調べとこうかな。収得賞金順で。

ヴァーミリアン 牡7
カネヒキリ 牡7
ダイワスカーレット 牝5
バンブーエール 牡6
サンライズバッカス 牡7
フェラーリピサ 牡5
サクセスブロッケン 牡4
トーセンブライト 牡8
カフェオリンポス 牡8
アドマイヤスバル 牡6
エスポワールシチー 牡4
ヒシカツリーダー 牡5
キクノサリーレ 牡4
エイシンロンバード 牡7
ビクトリーテツニー 牡5
オフィサー 牡7

で、1997年、つまりフェブラリーSがGIとなった年からのデータ、わたくし独自の方法で調べさせていただいたスペシャルデータで、色々とぶった切っていきたいと思います。

ではデータ室からコピペします。~~~~

切り対象の馬(3着にも来ない)
・7歳以上の牝馬
・9歳以上馬

来ても3着までの馬
・5,6歳の牝馬
・前走6着以下(GI除く)
・前走で重賞を勝った馬とダート4戦未満を除く、ダート連対率5割未満
・ダート4戦未満と前走GI連対馬を除く、ダート戦3勝以下
・平安S組と前走GI連対馬を除くマイル戦(芝含む)未勝利
・前走、条件~オープン特別に出走馬
・重賞1着、またはGI連対例なし

来ても2着までの馬
・4歳の牝馬
・当該コースを経験しながら勝ち星がない(GIのみ経験馬は除く)
・前3走に連対なし
・馬番1~5
・7、8歳馬

~~~~とまあ、こんな感じですね。

すぐにわかるのは切り対象がいない、ということ。だって、最高でも8歳馬ですからね。牝馬も5歳のダイワスカーレットだけだし。

次回へつづく。
【2009/02/08 20:03 】 | 未分類 |
手短に ~共同通信杯~
 去年ショウナンアルバで当てていて、とっても相性が良いこのレース。私はプロスアンドコンズに期待します。東京走るギム産駒。福永からデムーロに替わるのもプラス。今まで人気しすぎだったが、人気の落ちる今回が狙い目。といっても、2,3番人気だろうが。

相手にブレイクランアウト。勝ちきれないイメージだが今回の舞台なら勝ち負け普通にありそう。おそらく単勝1番人気はこいつ。武だし。人気でも軸からは外せない。朝日杯は外々を回ってなかなかいい感じの内容だった。3着圏は堅いとみる。

というわけで上記2頭の総流しとプロスアンドコンズの単勝で勝負予定。ジョーダンが飛んでくれたらうれしいな、紐荒れ期待。


まとめ
◎プロスアンドコンズ
○ブレイクランアウト
【2009/02/08 00:54 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。