スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
次回 ~フェブラリーS データ検証 2~
 データ検証、終了しました。

ではまず、あがいても3着が限界な馬たちを発表します。

ダイワスカーレット
バンブーエール
サンライズバッカス
トーセンブライト
カフェオリンポス
アドマイヤスバル
エスポワールシチー
ヒシカツリーダー
キクノサリーレ
エイシンロンバード
ビクトリーテツニー
オフィサー

えー、なんとダイワスカーレットが入っちゃているんですね。もしこのデータ通りになるとしたら、ダイワスカーレットがフェブラリーSで初めて連を外すということになってしまいますね。ちょっと想像し難いので牝馬に関するデータも少し掘り下げて調べてみます。

牝馬で3着以内に入ったのは過去3頭います。2000年のフェブラリーS(勝ち馬ウイングアロー)。その時の2,3着馬が牝馬でした。2着がゴールドティアラ(4歳)、3着がファストフレンド(6歳)。そして、翌年2001年のフェブラリーS(勝ち馬ノボトゥルー)。その時の3着馬も牝馬です。トゥザヴィクトリー(5歳)です。

ここで、注目すべきは・・・、もちろんトゥザヴィクトリーですね。ゴールドティアラもファストフレンドもダート馬なのでフェブラリーSで好走できたのは別に驚くことではありませんし。ダイワスカーレットがフェブラリーSで好走できるかの比較対象として適しているのは、トゥザヴィクトリーで間違いないでしょう。偶然にも当時ダイワスカーレットと同じ5歳でしたし。というわけで、今回のフェブラリーSのテーマは「ダート初のダイワスカーレットがいきなりフェブラリーSで好走できるのかfeat.トゥザヴィクトリー」に決定です。

ここで極論を言っちゃいます。要は、ダイワスカーレットがトゥザヴィクトリーを超える器なのか?ということですよ。いや、実績見ても明らかに上です、ダイワスカーレットのほうが。問うのがばからしいです。・・・、ということは!やはりダイワスカーレットの連対記録は続く!?そういうことか。そういうことなのか?んん?

いや、しかし時代の違う馬を比べるのもなんかナンセンスというか、なんというか。トゥザヴィクトリーはこの後ドバイワールドCで2着してるんですね。これが。

うーん、なんかダイワスカーレットがやれる気がしてきた。データ的にはあくまでも3着までなのだが、これはもう少し悩みそうだ。

話は戻りまして、データ的に来ても2着までの馬を。

ヴァーミリアン
カネヒキリ
サクセスブロッケン

「えー、この中から勝ち馬でないのぉー、信じらんなーい」という気持ちです、私は。やはり歳には勝てないということなのでしょうか。歴代の勝ち馬はいずれも6歳以下でした。ヴァーミリアンvsカネヒキリの時代はこの辺で幕を閉じてしまうというのか。どうなのか。サクセスブロッケンに関しては、ブロッケンファンの方は残念でしょうが、前3走に連対なし、というデータで2着までとなってしまうんですね~。

というわけで、残ったのは1頭ですね。私はこのデータを調べる前に確信めいたものがありました。もしかして、データで残るのはあの馬1頭なのではないか、と。だからこそ、2週間前だというのにこんなに長文を書いたわけです。いやー、見事に残った。「・当該コースを経験しながら勝ち星がない(GIのみ経験馬は除く)」のデータをクリアできたのが大きい。あとはこの馬が馬番1~5にならないことを祈るのみ。
スポンサーサイト
【2009/02/08 21:59 】 | 未分類 |
すこし早めに・・・ ~フェブラリーS データ検証~
 ぐおー!!!デムーロぉぉぉぉぉー!!くやしす。

というわけでなんか非常に残念な気持ちなので、フェブラリーSの登録馬でもデータ検証してやります。絶対当てちゃります。その前にきさらぎ賞やら、ダイヤモンドSやらありますが、とりあえず今はフェブラリーな気分なので。あ、ちなみに私は「アンチ」リーチザクラウンですので、来週の予想をお楽しみに。

では登録馬30頭を一挙大解剖!!!・・・は、しません。一応16頭は調べとこうかな。収得賞金順で。

ヴァーミリアン 牡7
カネヒキリ 牡7
ダイワスカーレット 牝5
バンブーエール 牡6
サンライズバッカス 牡7
フェラーリピサ 牡5
サクセスブロッケン 牡4
トーセンブライト 牡8
カフェオリンポス 牡8
アドマイヤスバル 牡6
エスポワールシチー 牡4
ヒシカツリーダー 牡5
キクノサリーレ 牡4
エイシンロンバード 牡7
ビクトリーテツニー 牡5
オフィサー 牡7

で、1997年、つまりフェブラリーSがGIとなった年からのデータ、わたくし独自の方法で調べさせていただいたスペシャルデータで、色々とぶった切っていきたいと思います。

ではデータ室からコピペします。~~~~

切り対象の馬(3着にも来ない)
・7歳以上の牝馬
・9歳以上馬

来ても3着までの馬
・5,6歳の牝馬
・前走6着以下(GI除く)
・前走で重賞を勝った馬とダート4戦未満を除く、ダート連対率5割未満
・ダート4戦未満と前走GI連対馬を除く、ダート戦3勝以下
・平安S組と前走GI連対馬を除くマイル戦(芝含む)未勝利
・前走、条件~オープン特別に出走馬
・重賞1着、またはGI連対例なし

来ても2着までの馬
・4歳の牝馬
・当該コースを経験しながら勝ち星がない(GIのみ経験馬は除く)
・前3走に連対なし
・馬番1~5
・7、8歳馬

~~~~とまあ、こんな感じですね。

すぐにわかるのは切り対象がいない、ということ。だって、最高でも8歳馬ですからね。牝馬も5歳のダイワスカーレットだけだし。

次回へつづく。
【2009/02/08 20:03 】 | 未分類 |
手短に ~共同通信杯~
 去年ショウナンアルバで当てていて、とっても相性が良いこのレース。私はプロスアンドコンズに期待します。東京走るギム産駒。福永からデムーロに替わるのもプラス。今まで人気しすぎだったが、人気の落ちる今回が狙い目。といっても、2,3番人気だろうが。

相手にブレイクランアウト。勝ちきれないイメージだが今回の舞台なら勝ち負け普通にありそう。おそらく単勝1番人気はこいつ。武だし。人気でも軸からは外せない。朝日杯は外々を回ってなかなかいい感じの内容だった。3着圏は堅いとみる。

というわけで上記2頭の総流しとプロスアンドコンズの単勝で勝負予定。ジョーダンが飛んでくれたらうれしいな、紐荒れ期待。


まとめ
◎プロスアンドコンズ
○ブレイクランアウト
【2009/02/08 00:54 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。