スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
戦法は謎だが魅力はある ~ダービー卿CT~
 これはちょっと読めない。内枠の馬に人気が寄っているのが気になる。が、昨年外枠のサイレントプライドが勝っているように、中山マイルと言えど外枠を切るわけにはいかない。

爆発力に賭けて本命はショウナンアルバ。皐月賞以来、人気を裏切り続けていたが前走ついに人気以上の走りを披露。外をただひたすら伸びての4着。途中で沈んでしまっていた今までのレースに比べればいくらか成長の兆しは見えた。

今回、16番の馬が取り消し、大外となってしまったが吉田隼人よ、どう乗るのだ。この馬は逃げて味がでる・・・とは簡単には思えない。この馬のベストレースはおそらく共同通信杯、抜群の行きっぷりを先団で抑えて、直線待ってましたと言わんばかりの二の足三の足。道中しっかり折り合っていればもっと伸びたのではないかと思うくらい素質を秘めた馬である。

前回でかすかではあるが光が見えたのは確か。人気も、もはや無くなってしまったので、狙いやすいっちゃ狙いやすい。こちらも単複勝負で。


まとめ
◎ショウナンアルバ
スポンサーサイト
【2009/04/05 15:03 】 | 未分類 |
逃げるが勝ちでしょ ~産経大阪杯~
 知っている人は知っているだろうが、私は2年前の皐月賞でヴィクトリーに◎を打った男である。あのときは豊オーラと安勝ホウオーにマークが集中していたから逃げきれた、という要因が少なからずあったと思われる。

そして、今回、産経大阪杯の絶対的人気集中馬はもちろんディープスカイである。この馬がどのように動くか、それが重要となってくるレースである。もちろん後ろの方でサンライズやらドリジャやらと牽制し合ってくれたらありがたいのだが、そういった展開以前に、近走のヴィクトリーの逃げ、これはなかなか推せる。今回のメンツでこれと言って逃げたい馬はいない。これは単騎逃げが実現できそうだ。前走の中京記念で重馬場のなか最初の3ハロン33.9というタイムは見逃せない。というわけで本命はヴィクトリー。内回り2000というのも味方するだろう。大阪杯は結構逃げが残る。単複勝負。

このオッズは買える。ここでかましてくれると信じたい。


まとめ
◎ヴィクトリー
【2009/04/05 14:51 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。