スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ネオユニ丼
 宝塚記念撃沈・・・残念。今後、アルナスラインは2400m(同日23:05修正)以上で買うことにする。奴はステイヤーだ。いくら強い馬とはいえ、得手不得手はあるわな。ドリジャはずっぽしこの舞台がはまっていた。そりゃ敵わんわ。

 まあ、もはやそんなことはどうでもよい。どうやら俺は最終Rが得意らしい。↓
download.jpg
一点買いである。ウハウハである。
スポンサーサイト
【2009/06/28 21:12 】 | 未分類 |
not 牛 ~宝塚記念~
 まずはデータから。

切り対象の馬(3着にも来ない)
・馬番18
・8歳以上馬
・前走金鯱賞8着以下

来ても3着までの馬
・3歳馬
・前走金鯱賞3~7着
・前走目黒記念(前々走春天連対馬を除く)

来ても2着までの馬
・馬番16、17
・今年4戦以上出走している前走春天の馬

というわけで切りはカンパニー、コスモバルクの2頭。3着まではインティライミ、スマートギアの2頭。2着まではドリームジャーニー、マイネルキッツ、モンテクリスエスの3頭ということになる。

 宝塚記念はちょっと自信あり。去年◎エイシンデピュティ1着、一昨年○アドマイヤムーン1着だったんで、今年もいけるんじゃないかね。

 本命はアルナスライン。4番人気か。なるほどね。実力を考えればずいぶんとなめられた人気だな。この馬を推せる理由の一つに春天のレベルが高かったことが挙げられる。全体のタイムは良かったし、メンツも揃っていた。内をすくったマイネルキッツにしてやられたが、実質一番強かったのはこの馬。前々走の日経賞も含め、完全に本格化した印象。この馬はご存じのとおりとてつもなく大型馬。牛のような馬体で出てきてしまうと即終了する。しかしこの時期は大丈夫。おそらく良い感じの馬体で登場してくれるであろう。先ほどこの時期といったが去年の宝塚10着はどう説明がつくのか。これは本格化前(単純に力不足)+馬場というのが答えなのだろう、多分。馬場に関してはどうやら明日兵庫は晴れ。天気も味方した(まあ、雨でも陣営は大丈夫と言っているが)。淀みない流れを中団(もしくは好位)につけて最後まで脚を使えるのがアルナスラインの良いところ。春天も見事なレースセンス&好位差しで2着に好走した。先行できるこの馬に死角はないとみる。そしてなぜか相性が良い蛯名J。乗り難しいはずのアルナスラインで、きちんと結果を出している。今回は再びチークピーシズをつける。日経賞のような好位で我慢&馬の間を割って抜け出す競馬をまたやってくれるだろう。直線での詰めの甘さ(前の馬を差し切れない)は否めないが先行抜け出しなら大丈夫なはずだ。なのでESPはやめてくれ。充実の5歳。田代助手いわく春天のとき以上の状態にあるらしい。非常に期待できる。渾身の◎。

 対抗、マイネルキッツ。上手いレースをしたとはいえ春天勝ち馬に変わりはない。先ほども言ったようにレベルの高かった春天組。力を考えればこの馬もアルナスラインと同様にもっと評価されてもいい馬。「今年4戦以上出走している前走春天の馬 」の2着までのデータに引っかかっているが、使ってよくなるチーフベアハート産駒だからそこのところは問題ない。とにかく最後までちゃんと伸びるのがこの馬の良いところであり、今回も上位に来るだろう。1枠というのもロスなく周ってこれそうでよい。実績面から、この馬より人気している古馬GI3着までのドリジャニや、GIで馬券になっていないメガワンダーよりは素直に上の評価で。

 単穴、ディープスカイ。人気が示すようにこの馬は強い。だが、ここまで差がつくほど強いか?というのが正直な感想。古馬と戦うようになってから勝ち星はなし。秋天は古馬と初対決だったからまあよしとしよう。JCはスクリーンヒーローを差さなきゃだめだろ。これは完全に詰めの甘さを露呈した形。産経大阪杯も(2キロ軽いとはいえ)ドリジャニに差される始末。クビ差だったが強い馬だったらこういうところで勝つものではないのか。安田記念だって勝てたレースである。ウオッカは東京では確かに化け物だが、この安田記念に関して言えば見ての通りウオッカは馬群を抜けだすのに時間がかかっている。最後の100mで差されるって・・・。これで勝てないのだからディープスカイはダービー馬とはいえ、絶対的な強さを持っているとは言い難い。今回も好走はできるだろうが頭はないとみてこの評価にとどめておく。

 あとは他の馬を適当に。インティライミが昨年3着にこれたのは重馬場だから。スマートギアの前にはサクラメガワンダーがいるはず。アドマイヤフジはGIではいらない。ヒラボクロイヤルは力不足。エリモエクスパイアはまだ買えない。サクラメガワンダーの最近の好成績は相手が弱いということもあるが、本格化とも言える。GIでは今のところ馬券になっていないが今回はチャンスあり。ただ、やはり現時点での力関係が一線級と比べると未知であるため、強くは推せない。ドリームジャーニーはいつも展開頼りのレースをしているのがどうも・・・。小回り阪神2200mは合っているとは思うが、(力関係を考えても)今回も3着までが精一杯なのではないだろうか。スクリーンヒーローは東京巧者?モンテクリスエスは掲示板まで。コスモバルクはもう終わった。カンパニーは岩田だし、力関係を考えても3着はある。


まとめ
◎アルナスライン
○マイネルキッツ
▲ディープスカイ
△サクラメガワンダー
△ドリームジャーニー
☆カンパニー
【2009/06/28 00:26 】 | 未分類 |
初地方
20090625004423
20090625004421
大井競馬場に行ってきた。地方競馬は生まれて初めてである。府中に慣れている私はその、人の密集度に驚きを隠せなかったが、レースはレースで、もちろん楽しめた。10Rから最終の12Rまで、計3Rのみだったが、なかなか濃い時間を過ごせたのではないかと思う。

さて、帝王賞である。正直わけわからんかった。地方のことは全く知らん。なので軸は中央の馬にした方が無難だという安易な結論に達し、どうやらサウスポーくさいが実力上位とみたアロンダイトで勝負した。

結果は周知のとおり撃沈である。ヴァーミリアンは終わってなかった。というか相手が弱すぎたのか。

…にしてもここまで堅い決着に終わるのか。たまげたよ、私は。

そして迎えた最終レース。ここで私的なドラマが待っていた。最終レースというのは皆、穴を狙うから人気馬のオッズがおいしい。私は、三番人気だったユキガフルの単勝一点勝負。どうやら前残りくさい現在の大井で頭で買えるのは内枠逃げ先行馬のこいつしかいないとふんだ。

道中二番手追走から、四角手前で先頭に立ったはいいが直線入り口で外の馬に被せられ、『あー終わった。』と思ったら、そこからの盛り返し。ありゃあ、びっくらこいたよ。内差し一本!って感じだった。

今回初めての地方だったので変な色のマークカードの記入方法だとか、予想の仕方とか色々大変だったが、まあ分かったことはTCKもなかなかやるな、ということだ。

今週末はいよいよ宝塚記念である。個人的に得意レース(のはず)なので………やっちゃります!!
【2009/06/25 00:44 】 | 未分類 |
共にサンデー本命で
まずはCBC賞。これは14番ソルジャーズソング本命で。中京1010で、今回鞍上大幅強化。高松宮記念3着は評価でき、ここでは力が一枚上とみる。東京1400では買えんが中京1200は買い。複勝負。

エプソムCはキャプテンベガ。前走の勝ち馬が安田で5着しているように、こいつはやはり力がある。最終週でバシバシ差しが決まっている東京、8や12より斬れる脚を持っているであろうキャプテンベガなら突き抜けるとみる。単もしくは複勝負で。


まとめ
中京◎ソルジャーズソング
東京◎キャプテンベガ
【2009/06/14 15:33 】 | 未分類 |
POGドラフト終了
 結果発表。

1位 トゥエルフスナイト 牡  角居  キングカメハメハ×シーザリオ
2位 ヴェラブランカ 牝  池江郎  クロフネ×アドマイヤサンデー
3位 レーヴドリアン 牡  松博  スペシャルウィーク×レーヴドスカー
4位 セイクリッドセブン 牡  松博  フジキセキ×グレースランド
5位 ラプリマステラ 牝  友道  アグネスタキオン×ラプーマ
6位 ゴールスキー 牡  池江郎  ネオユニヴァース×ニキーヤ
7位 イカイカブラウン 牡  池江郎  フジキセキ×ティエッチグリーン
8位 オースミアザレア 牝  安藤  スペシャルウィーク×オースミハルカ
9位 リアルアヴェニュー 牡  堀  クロフネ×リアリーハッピー
10位 スターダムオーラ 牡  長浜  フジキセキ×レンⅡ

 えー、というわけで、無事終わった。POG初心者の私がどのようにして上記の馬を選んだのかを簡単に記しておこうと思う。

 まずトゥエルフスナイト。これは角居‐キャロットF‐ノーザンFのラインが格高だということを青本で知ったから。というのと、単純にダービー馬とオークス馬の子供なんだから走るだろうというミーハー魂。名前かっこよかったんでこれは1位指名だな、と思い迷わず指名。

 そしてヴェラブランカ。これは抽選に。しかし運良く勝ち取ることができた。ラッキー。この馬を選んだ理由は6/21の阪神開幕週マイルに武豊でデビューという情報を知ったから。というのと、フサイチホウオーやトールポピーの半妹だから単純に走るだろう、という理由。

 3位指名予定だったジャポニズムが既に取られてしまっていたので、急遽6位指名予定だったレーヴドリアンを3位指名。これはレーヴドスカーの産駒全てが走っているからこいつも間違いないだろう、という理由で選んだ。今回指名した中では一番安定してポイントを稼いでくれそう。

 4位指名予定だったアドマイヤプリンスがあっという間に取られてしまったので、5位指名予定だったセイクリッドセブンを4位指名。理由はドリームパスポートの全弟だから。そして、松博、社台といういかにも走りそうなラインだったから。期待大。

 5位は色々ずれ込んで7位指名予定だったラプリマステラ。これが意外にも抽選になってしまった。だがこれも勝ち取ることができた。ラッキーである。選んだ理由は評判が良かったから。そしてnetkeibaの掲示板が荒れる馬は走るという法則を知ったから。

 6位も色々ずれ込んで8位指名予定だったゴールスキー。これは競馬に詳しい友人のおススメ。ネオユニは欲しかったので取れて良かった。

 もはやこの辺から欲しかった馬(ウィンターコスモス、レッドステラーノ、マカリオス、サルヴェレジーナ、アーデルハイト、アドマイヤゲームなど)がほとんど取られていたので、結構悩んだ。悩んだ末の7位指名はイカイカブラウン。これは池江郎‐金子真人HD‐ノーザンFのラインが格高ラインだから。あとは名前がイケてるから。

 8位指名はオースミアザレア。この時点で牝馬が2頭だけだったのであと一頭ぐらいは、ということでこの馬を選んでみた。理由はオースミハルカの娘だから。それだけ。

 9位はリアルアヴェニュー。関東の馬を一頭くらいは、という理由で選んだ。これはゴールスキーと同じく友人の推奨馬。

 10位はスターダムオーラ。長浜‐社台RH‐社台Fの格高ラインだから。

 以上。
【2009/06/13 20:26 】 | 未分類 |
嘘ではありません
 明日はいよいよPOGのドラフトです。

 報告します。皆さん、やっぱりアーデルハイトを指名するのはやめます。

 それでは明日はよろしくお願いします。
【2009/06/11 21:01 】 | 未分類 |
頭堅い時の・・・ ~安田記念~
 どうやら、やっと晴れそうな日曜日。これなら問題なくウオッカで堅いだろう。一応データから。

切り対象の馬(3着にも来ない)
・GI馬を除く、前走ローカル出走の日本馬
・前走条件戦の日本馬
・8歳以上馬

来ても3着までの馬
・5歳以上の重賞未勝利の日本馬
・前走GIII(3ヶ月以上の休養明け初戦を除く)の日本馬
・前走マイラーズCで負けている日本馬
・前走GIで連対していなかった香港馬
・3歳馬

来ても2着までの馬
・前走京王杯SC5着以下の日本馬

 切りは、アルマダ、カンパニー、ホッカイカンティ。3着までは、アブソリュート、トウショウカレッジ、マルカフェニックス、ライブコンサート、リザーブカード。2着までは、スマイルジャック。よってデータ上かつ可能性のある馬は、ウオッカ、コンゴウリキシオー、サイトウィナー、スズカコーズウェイ、スーパーホーネット、タマモサポート、ディープスカイ、ファリダット、ローレルゲレイロの9頭。

 本命はウオッカで。もはや、東京のマイルでこの馬を避ける理由などない。

 人気でとびそうで怖いのはディープスカイ。久々のマイルがどうでるか。とはいえ実績から言ってもこのメンツでは力が◎と共に抜けている。ただ、大外ぶん回しの四位だし頭まで来るかというときわどい感じはする。

 あと、気になるのはスマイルジャック。前走は不利があっての7着なので、度外視。最後は大外からしっかり脚を使っていたので問題ない。かの有名なダービー2着馬なので実力的にも文句なし。東京はよく走る。ギム産駒のウオッカが来るなら同じくギム産駒のこの馬も大いにあり得る。先行イン付きの岩田。これは期待できる。

 スーパーホーネットは東京のマイルが根本的に合わなそうな感じなので軽視。カンパニーは8歳だが力関係を考えるとここでも十分通用しそうなので切れない。ファリダットは前走の3着があまりにも上手く行き過ぎてのものなのであまり評価できない。ローレルゲレイロは1200GIを勝ったとはいえ、NHKマイル2着の実績を考えても、単純に今回も来そうで怖い。人気ないがスズカコーズウェイの勢いは無視できない。・・・などなど伏兵は多いが、結論としてはウオッカが馬券にならないことはないだろう、ということで。以上。


まとめ
◎ウオッカ
【2009/06/07 00:27 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。