スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ブロッケンG ~JCダート~
JCダートは昨年から阪神1800になってしまったため、データ分析は無し。

g.jpg

懐かしいですね、ミニ四駆。

……はい、というわけで本命はサクセスブロッケン。今年のフェブラリーSの勝ち馬。あのレースは圧巻だった。今回のメンバーの中で一番能力があるのはこの馬と判断。前走の武蔵野Sの惨敗はカンカン泣きで片づけられるし、前々走でエスポワールシチーに負けたのは、7ヶ月半ぶりのレースだったから。前を走る人気馬を徹底マークして、最後差せるのはこの馬しかいない。なんといってもフェブラリーSでカネヒキリを倒したのは大きい。どう考えても強い。前走の大敗で人気が落ちているのがなんとも狙い目である。この馬はこういうときに走る。そういうタイプ。ヤネは現在リーディングジョッキーのウチパク。まったく不安はない。

対抗にエスポワールシチー。こいつもあのカネヒキリを倒した内の一頭。かしわ記念は4コーナーでカネヒキリを封じた哲三が上手かったとも言えるが、勝ったことは事実。こいつの推せる点は、逃げ一辺倒ではないこと。番手の競馬もできる。だが、人気なので当然他の目標とされる。フェブラリーSのように差されるなんてことも。

3番手評価はワンダーアキュート。こいつはわからない。とんでもなく強いのか、そうでもないのか。3歳勢はホントに強いのか、どうなのか。今日わかる。

他に気になる馬を数頭。

ヴァーミリアン。最強世代の大将格代理(大将格は引退したカネヒキリ)。俺の予想の軸は若い馬なわけだから、7歳馬で押さえるのはこいつだけで十分。もはや落ち目。中央では厳しい。

マコトスパルビエロ。前走ヴァーミリアンと差のない競馬をしている。ヴァーミリアンが落ち目なのに対して、こいつは上がり目なわけだから、押さえないわけにはいかない。

ダイショウジェット。結果を出している割に人気がなさすぎるのがおいしい。正直この舞台で馬券になるような器ではなさそうだが、こいつの差し脚は要警戒。

ゴールデンチケット。相手なりに走る上、鞍上ルメール。怖すぎる一頭。

ラヴェリータ。武蔵野Sでは出遅れて上がり最速の5着。この舞台でも十分やれるはず。なんだかんだ持ってくる岩田。


まとめ
◎サクセスブロッケン
○エスポワールシチー
▲ワンダーアキュート
△ヴァーミリアン
△マコトスパルビエロ
△ダイショウジェット
△ゴールデンチケット
△ラヴェリータ
スポンサーサイト
【2009/12/06 13:19 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。