スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
まだ立ち直れていませんが ~高松宮記念~
データから。宮杯が1200mになった1996年からのデータ。

切り対象の馬(3着にも来ない)
・前走GI以外のダート戦に出走
・GI馬を除く休養明け初戦
・前走オープン特別で敗退か、条件戦に出走
・前走10番人気以下(1200m初を除く)
・近2走がともに2ケタ着順(1200m初を除く)
・今回斤量2キロ以上増
・前走1800m以上戦に出走(1200m初を除く)
・9歳以上馬

来ても3着までの馬
・牝馬(芝のGI勝ち馬、前走重賞勝ち馬を除く)
・8歳馬

来ても2着までの馬
・年明け後3着以内ゼロ(休養明け初戦、1200mGIで5着以内経験を持つ馬、GI2勝馬、1200m初を除く)
・休養明け初戦のGI1勝馬
・7歳馬


というわけで、データ上、勝つ可能性のある馬は↓

アルティマトゥーレ
ショウナンカザン
エーシンエフダンズ
エイシンタイガー
サンカルロ
エーシンフォワード
ビービーガルダン

このレース、とにかく阪急杯組が強い。阪急杯が1400になってからもその傾向は変わっていない。本命は前走阪急杯から選ぶのが妥当だろう。データで残った馬だと……、サンカルロ、エーシンフォワード、ビービーガルダンの3頭。

ビービーガルダンは昨年の高松宮記念での結果があまりにも終わっているので、正直狙いづらい。騎手がまぁ残念だっというのもあるが、それ以上に左回りの適正がないのだろうか、というぐらい走らなかった。右回りなら現在のスプリント路線でトップクラスの実力をもっているのだが。切り。

となると、残るは2頭なわけだが、エーシンフォワードは前走56キロ1着、サンカルロは58キロ3着。着差は1と2分の1馬身+ハナ。単純計算だと、同斤の今回はサンカルロが先着か? 枠的にもあまり外すぎない絶好のポジションのサンカルロの方が良いのではないか。さらに左回りが得意ときたもんだ。初の1200だが、このレースは1400~1600で活躍していた馬が結構来るわけで。はい、決定。本命サンカルロ。

今日の中京1200の2レースを見たが、どっちも逃げ残り。◎サンカルロで本当に大丈夫かは、明日の中京のレースを見てみないことにはわからん。だが、力量で考えれば、どう考えても上位だろう。高松宮記念は意外に荒れないレース。人気馬中心でよいだろう。前売りでは4番人気。うん、いいところ。

エーシンフォワードは一回だけ1200に出たことあるが(京都1200の桂川S)、そのとき、セブンシークィーンに負けているのが気になる。というか、むしろセブンシークィーンが気になる。うーん、エーシンフォワード……罠じゃね? いや、でもデータ的にはかなりアツい馬。一応、対抗にしておこう。

単穴は……アルティマトゥーレかな。6歳牝馬はいまだかつて勝ったことがないが、ノリノッテノリノリだし。確かな先行力は魅力だし。

イマイチ信用できないキンシャサ君は△で。

なんか、すげぇ堅い予想だな。点数絞るか。


まとめ
◎サンカルロ
○エーシンフォワード
▲アルティマトゥーレ
△キンシャサノキセキ
スポンサーサイト
【2010/03/27 19:55 】 | 未分類 |
愚痴ってもいいですか ~毎日杯 回顧~
結論から言おう。今日の毎日杯。馬券外した。3連単6点買いのフォーメーションで外した。買い目は↓

1着 ダノンシャンティ
2着 ルーラーシップ、ミッキードリーム
3着 ザタイキ、ルーラーシップ、コスモヘレノス、ミッキードリーム

まじ、馬鹿じゃねぇの(笑) 馬単買っとけよ、的な? いや、リルダヴァル切るなよ。せめて3着には入れとけよ。はぁ……ばかばかばかばか。

予想でも言っているように、ここでのダノンシャンティの力が抜けているのは明らかだった。戦ってきた相手が違うし、阪神外回りの舞台なら、切れに切れるダノンシャンティの頭は堅いに決まっている。それなのに、過剰人気馬のお陰で馬券は美味しい。なんとしても当てたいレースだった。

実は一週間前からダノンシャンティを本命と決めていた。単勝が5倍以上つけばぶっ込む予定だった。しかし、3倍台。これでは勝負できない。まったく美味しくない。そこで急遽、3連単に変更。あまり買い目を増やしたくなかったので流しではなく、フォーメーションに。2着には、このレースでの1番人気の驚異的な馬券率を信じ、ルーラーシップ。それと、きさらぎ賞勝ち馬やスプリングS2着馬に勝っているのになぜか人気がないミッキードリーム。3着にはそれらの馬に加えて、過去2年アーリントン組が来ていることからザタイキ、S濃厚のこのレースで逃げれば残るだろうとコスモヘレノスを。リルダヴァルは骨折明けだったため、過去10年のデータからもそんな馬はあり得ない、来るわけがない、と決めつけ、自信の(爆)切り。まぁそんなわけで、以上、3連単6点である。

結果は御存じのとおり、ダノンシャンティの圧勝。2着には実力通りミッキードリームが入り、3着には骨折明けなのに、強かったリルダヴァル。逃げたのはコスモヘレノスでなくシャイニーナイトだったか。あの展開だもん、そりゃ上位に来るよ。にしてもザタイキは大丈夫だろうか。無事であることを祈る。

今回、何を学んだかというと、「3着」を当てるのは非常に難しいということ。まぁそんなことは前からわかっていたのだが、だからと言って3連単から逃げる気になったわけではない。これからも積極的に狙っていこうとは思う。

結論、「リルダヴァル切り」は馬鹿すぎたな、と反省。


……はぁ、しばらく立ち直れません。
【2010/03/27 17:15 】 | 未分類 |
勝負レース ~毎日杯~
ダノンシャンティはラジオNIKKEI、共同通信と今年のクラシックの格上レースを好走。ここでは力が違う。


まとめ
◎ダノンシャンティ
【2010/03/27 15:35 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。