スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
非凡 ~青葉賞~
はい来た勝負レース。青葉賞。ペルーサでがっぽり儲けさせてもらう。これといった相手はいない。頭で狙って大丈夫なはずだ。前走で負かしたヒルノダムールが皐月で2着に入ったこともあり、現在単勝1.4倍という神がかり的なオッズになっている。

まぁあえて相手を挙げるとしたら一頭。エクセルサスだ。↓の画を見てほしい。

nikkei2.jpg

そう、これはかの有名な出世レース、ラジオNIKKEI杯2歳Sの最後の直線の画である。エクセルサスはこのレースで6着であった。注目してほしいのは6着と7着の着差である。5馬身だ。画面の右隅にアタマだけ映っているエーシンウェズン(7着馬)との着差が5馬身もあるのである。1着からクビ、1、ハナ、クビ、クビ、そして5である。もはや何度も言っているが、このレースは相当レベルが高かったわけだから、着差から単純に考えて上位6頭はそんじょそこらの馬とは力が違うということがわかる。余談だが、2着から6着の馬に騎乗していたジョッキーは和田、内田、藤田、岩田、川田、という「田んぼレンジャー」の方々である。ちなみに右手を高々と挙げているジョッキーは当然、岩田である。

青葉賞は前で競馬できる馬が結果を出すレースである。先行脚質のエクセルサスが馬券内に絡む確率は高いと読む。

といった諸々な理由からエクセルサスを対抗に推す。

あとは、好ステップ毎日杯の最先着馬逃げて面白いコスモヘレノス、絶好調キンカメ産駒スマートフォーカス、毎回末脚きっちりトウカイメロディ、注目度高しできれば馬券に絡まないでねトゥザグローリー、エクセルサスと力差はそんなに変わらないであろうにこの人気の差は何? ハートビートソング、前走エクセルサスと同着ロードオブザリングまで。


まとめ
◎ペルーサ
○エクセルサス
△略
スポンサーサイト
【2010/04/30 18:30 】 | 未分類 |
やってやった ~皐月賞 回顧~
やってやった。自身、過去最高払い戻しを達成。ちまちまとデータを採取して予想を続けてきた甲斐があった(泣)。予想はもちろんのこと、馬券の買い方も個人的には上手になったと思う。どのように購入したか、披露したいと思う。カッコ内の数値は全体の賭け金の内の何%をつぎ込んだかを表している。なお、赤字で書いてあるのが的中馬券である。

馬単
ヴィクピサ→ハンソデ(7)
ヴィクピサ→ヒルノ(35)
ハンソデ、ヒルノ→ヴィクピサ(5)

3連複
ヴィクピサ‐ヒルノ‐ハンソデ、ネオ、ローズ、ゲシュ、フラッシュ、アポロン、レーヴ、アリゼオ(33)

3連単
ヴィクピサ→ハンソデ、ヒルノ、アリゼオ→ハンソデ、ヒルノ、アリゼオ(17)
レーヴ→ヴィクピサ、ヒルノ→ヴィクピサ、ヒルノ(3)

昔の俺だったら、3連複は買っていないだろう。リスク分散できたことが良かった。ヴィクトワールピサの頭は堅いと思っていたが、何が起こるかわからない中山2000だ。一応ヴィクピサが負ける場合も考えて先に3連複を買っておくことで、残りの賭け金で安心してヴィクピサ頭固定の馬券をバシバシ買えたというわけだ。

結果、一番投資した◎→○の馬単が的中し、加えて◎‐○‐△の3連複も的中させることができた。

今回はデータ予想が完璧にハマった形となった。これは非常に嬉しい。また、ラジオNIKKEI組が強いという事実もそのまま証明された。今後もラジオNIKKEI組には注目していきたい。

何より、岩田の好騎乗。素晴らしい。
「俺が岩田を買うと来る」
というオカルトもこれで、より真実味を増してきた。

よく内にいられたなぁと思う。だって、抜けてきたところ最内だよ!? 最内。まじ岩田すげぇわ。

ヒルノダムールも良かったな。ネット競馬で誰かが、
「ドリパス的存在」
と言っていたが、……確かに。

データ予想万歳!!!
【2010/04/18 19:18 】 | 未分類 |
一強 ~皐月賞~
さあ、皐月賞。ついに来た、勝負レース。タイトルにも書いたが、ヴィクトワールピサの一強だと信じて疑わない今日この頃。まず間違いなく奴はやってくる。

まずはデータから。1975年からの過去33年分(1976年、1988年の東京2000mは除く)の100%該当データである。

切り対象の馬(3着にも来ない)
・中1週
・前走若葉S以外のオープン特別
・前走重賞で2ケタ人気
・前走GIIIで敗戦
・前走10着以下

来ても3着までの馬
・2か月以上の休養明け初戦
・前走中山、阪神以外で出走
・前走10頭立て以下の弥生賞で敗戦
・前走共同通信杯

来ても2着までの馬
・前走ダート
・前走5~9着(前々走1着を除く)
・マイル以上に勝ち星なし
・3歳重賞で6着以下を経験(近2走内に3歳芝1800m以上の重賞を勝った馬を除く)
・前走弥生賞で0秒5差以上負け
・前走若葉Sで3番人気以下

というわけで、データ上勝つ可能性のある馬は以下の6頭だ。

アリゼオ
ヴィクトワールピサ
エイシンアポロン
ダイワファルコン
ヒルノダムール
ローズキングダム

本命はヴィクトワールピサ。武豊は岩田にこんな感じのことを言ったらしい。
「(戦績を)傷つけないでくれ」
05年のディープ以来1番人気は勝っていないが、そろそろ勝ってもおかしくない。この時期の若駒だから力関係はまだあやふやかもしれない。しかしヴィクトワールピサは頭一つ抜けている。

やはりラジオNIKKEI杯2歳Sを引き合いにだすのがよいだろう。このレースでヴィクピサが負かした相手は後のレースで大活躍している。3着馬(ダノンシャンティ)は共同通信2着、毎日杯1着。4着馬(ヒルノダムール)は若駒1着、若葉2着。5着馬(アドマイヤテンクウ)は京成杯2着。6着馬(エクセルサス)は若駒3着、500万下勝ちあがり。この結果だけで、ラジオNIKKEIが相当ハイレベルだったことがわかる。

武豊から岩田に変わって不安視されているが、正直ここは負けてる場合じゃないと思う。武豊のセリフにもそれは表れているかと。

ヴィクトワールピサ。久しぶりに鉄板の本命で。

対抗はヒルノダムール。こいつもラジオNIKKEI組。後に若葉S2着となるのだが、このレースがとにかく好タイム。ヒルノダムールの出した2:00.0という時計は過去の若葉Sの勝ちタイムの全てに勝る。まぁつまり勝ち馬のペルーサがとんでもないということなのだが、そのペルーサは皐月賞には出ない。必然と2着馬のヒルノダムールに目が行くのはしょうがない。この馬は過去5戦で全て3番以内の上がりを使っている。その上で前につけるセンスもある。ヤネ(藤田)も正攻法には定評のあるジョッキーである。勝てるかと言われるとそれは◎がいるから厳しいが、馬券には高確率でなるかと。

3番手にハンソデバンド。3着までのデータ「前走共同通信杯」に該当するため、評価を下げたが、本来なら○にしてもよいぐらいの馬。共同通信で負かしたダノンシャンティを物差しにするなら、ラジオNIKKEIの2着馬コスモファントムと良い勝負、といったところか。常に先行できるその脚質。そして、今回内枠を引き、ロスなく競馬できそう。中山の蛯名。データ上は厳しいが、来てもおかしくない。

あとは内枠先行安勝ネオヴァンドーム、◎を新馬戦で負かしているローズキングダム、そのローズにスプリングSで先着ゲシュタルト、ラジオNIKKIE5着馬を京成杯で負かしたエイシンフラッシュ、朝日杯・弥生賞共に2着のエイシンアポロン、過去4戦全て上がり最速のレーヴドリアン、○を新馬戦で負かしているアリゼオまで。


まとめ
◎ヴィクトワールピサ(鉄板)
○ヒルノダムール
▲ハンソデバンド
△略
【2010/04/17 23:59 】 | 未分類 |
消去法大作戦 ~桜花賞~
はっきり言って混戦だ。実に混戦だ、明日の桜花賞は。アパパネが一番人気だが、決して抜けた強さではない。どの馬もほとんど同じ実力のように、俺には映る。こんなときに頼りになるのはやはりデータだろう。特に思い入れのある馬もいない。客観的な予想ができるはず。人気馬だろうが何だろうが、ぶった切るべき馬はぶった切る! 

桜花賞は3年前からコースが変わっているので、それ以前のデータはあまり参考にならない。というわけで、過去3年の傾向からデータ予想をする。少々強引だがついてきてほしい。なぜ強引か。それは牝馬限定戦というものを俺はあまり信用していないからだ。全くわけのわからない馬が来る。それが牝馬限定戦。各馬の強さ、相対的な評価、そんなものは関係ない。ただ、機械的に、客観的な予想をすればきっと……きっと当たる。おっと、脱線してしまった。では始める。

まず、ここ3年の傾向を。3年前はスターホース2頭のマッチレース。2年前はとんでもない大荒れ。去年はスターホース2頭のマッチレース。順番から行くと今年はとんでもない大荒れなわけだが、いやこれがホントにそうなりそうな気がしているわけで……。冒頭でも述べたが、混戦なのだ。抜けた馬がいないのだ。というわけで、思考回路は「穴党」にした方が良さそうだ。

過去3年の連対馬の馬番に注目してみる。先入観を捨てるために、馬名は書かない。

2007 18→14
2008 15→18
2009 9→18

コースが変わってからというもの、実に外枠が来る。……まさか。そう、そのまさかである。

1~8番ぶった切り!!!

というわけで、残りは10頭になった。勘違いしないでほしいが、これでも真面目に予想している。今回は本当にどの馬も同じような実力だと判断したから、淡泊な予想をしているのだ。

続いて、前走着順。

2007 前走2着→前走1着
2008 前走3着→前走6着
2009 前走1着→前走1着

あまりにも負けすぎだとさすがに来ないらしい。前走着順が悪い馬は問答無用に切ろう。残り10頭の中だと、ステラリード、ジュエルオブナイル。この2頭だ。どっちも1200で頑張ってくれ。

続いて、関東馬か、関西馬か。

2007 西→西
2008 西→東
2009 西→西

どう考えても関西馬を狙った方が当たる確率は高い。関東馬は切ろう。アパパネ、アニメイトバイオ、プリンセスメモリー。さようなら。

次は、どのレースを使ってきたか。

2007 チューリップ賞→チューリップ賞
2008 フィリーズレビュー→クイーンC
2009 チューリップ賞→エルフィンS

チューリップ賞が優位なのは、コースが変わっても同じようだ。もはや、残っているのは1頭しかいない。……エーシンリターンズ。本命が決定した。エーシンリターンズ。え? エーシンリターンズ? それ、強いの? 調べてみた。

~エーシンリターンズ~
実に地味。地味ではあるが、その先行力、レースセンス、ロケットスタートには定評がある。牝馬の福永なのに、今ブレイク中のキンカメ産駒なのに、チューリップ賞でアパパネと好勝負してるのに、それなのに注目されないのはなぜなのか。なぜ前日単勝オッズ10番人気なのか。その答えを出すためには1~9番人気の馬を調べる必要がありそうだ。


------------------ここから割とどうでもいい話------------------

1~9番人気馬の人気の原因を探ってみる。大分うがった見方をするだろうが、それは本命が10番人気のエーシンリターンズであるから、仕方がない。ご了承ください。

1番人気、アパパネ。こいつは阪神JFの勝ち馬だから、まぁ当然だろう。許す。

2番人気、アプリコットフィズ。ノリだから人気なんだ。きっとそうだ。

3番人気、シンメイフジ。外枠だから。岩田だから。

4番人気、ショウリュウムーン。名前がカッコいいから。アパパネに前哨戦で勝ってるから。

5番人気、オウケンサクラ。名前がカッコいいから。2番人気の馬に勝ってる馬に勝ってるから。

6番人気、アニメイトバイオ。2着ゲッターだから。

7番人気、ラナンキュラス。外枠だから。四位だから。

8番人気、タガノエリザベート。阪神JFで上がり最速だから。

9番人気、コスモネモシン。2番人気の馬に勝ってるから。

……なるほど。名前がカッコいいとか、そういう理由でみんな人気してるのか。それじゃしょうがねぇ。

まぁ、どいつも大したことねぇな。いけるぞ! エーシンリターンズ!

------------------ここまで割とどうでもいい話------------------


相手探し。データで残った馬の中から。とりあえず、シンメイフジは消しておこう。前走フラワーC組は過去3年で掲示板にすら載ったことがない(←あっさり言ったがこれ結構重要データ)。残ったのは、きれいに前走フィリーズレビュー1~3着馬。レディアルバローザ、サウンドバリアー、ラナンキュラス。勝ったのはサウンドバリアーだが、個人的にはレディアルバローザの粘りっぷりがあまりにもカッコ良かったレースだと思う。スロー濃厚の明日の桜花賞でこいつの先行力は脅威だ。もちろん、サウンドバリアー、ラナンキュラスも「外枠の差し馬」ということで単純に狙える存在。押さえておく必要がある。

ここでデータの盲点。一度は切ったが、どうしても拾っておかねばならぬ馬がいる。アパパネ。過去3年で阪神JF勝ち馬の連対率は67%。この数値は無視できない。まぁ、該当馬はウオッカとブエナビスタなんだけどね。一応ね。

以上。

まとめ
◎エーシンリターンズ
○アパパネ
▲レディアルバローザ
△サウンドバリアー
△ラナンキュラス





【2010/04/10 20:32 】 | 未分類 |
携帯投稿
ニュージーランドトロフィ。中山得意のはず、ニシノメイゲツ本命で。

相手は内枠逃げ先行馬のツルマルジュピター、ダイワバーバリアン、ケイアイブリザード。

……っていかマイネルマルシェ、超来そう。ノーマークだった。買いたいけどもうお金ない。



阪神牝馬S。阪神1400ならそこまで切れる必要はない。今度はアマランサスに勝てるはず、ベストロケーション本命で。

相手はヒカルアマランサス、ワンカラット。
【2010/04/10 15:31 】 | 未分類 |
レボリューションじゃないよレボルーションだよ
今日の中山7R。2着ゲッターのネオレボルーションが登場する。今日も断然の1番人気。いつものように2着お願いします。この馬はとにかく2着が大好き。3回続けて2着をとったあとは、凡走するというデータもすでに採取済み。今日は3走目。

パドックでいつものように暴れているのも確認済み。これなら2着は大丈夫だ。

さて、問題は1着に何が来るか、だが。……今回はカーネリアンシチーでいく。2走前に3着以下に大差をつけたレースを見る限り、この馬が強いのは明白。ここは2番人気も頷ける。先行策で後続を寄せ付けず、一着でゴールしてほしい。追いすがる2着馬はネオレボルーション。

だが、この馬単(6→7)全然つかない。みなさん、わかってらっしゃる。ということで、今回は3連単に手を出す。ボンバルディエーレで。いつも出遅れて3,4,5着。……3着に来ることを切に願う。

ということで3連単一点買いで。


買い目
6→7→4
【2010/04/04 13:19 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。