スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
結果オーライ
勝負レースが外れ、前座が当たる……。まぁ、いいっしょ。これで「ネオレボルーションの連対は3戦連続が限界説」が真実味を帯びてきたな。次走は2着鉄板だ。

マーメイドSは実にデータ通りの決着だった。ちなみに買い目は↓

馬単フォーメーション
1着:03,09
2着:01,03,04,09,11,13
計10通り

やったね♪

宝塚記念の軍資金はできた。あとは「あの馬」にぶっ込むだけだ。乞うご期待。
スポンサーサイト
【2010/06/20 16:53 】 | 未分類 |
レボリューションじゃないよレボルーションだよ2
今日の函館11R、湯川特別。俺の今世紀最大の勝負レースである(嘘)。当たる確率は100%である(大嘘)。

またもあの馬が出走する。ダートに出走するという姑息な手段を使い、やっと500万下を抜け出した(正確には抜け出していない)あの馬が!

……永遠の500万下シルバーーーーーーコレクターーーーーー!!!!! ネオレボルーーーーーーション(降級馬)!!!!!!!

どう考えても素質はあるのだが、何とも勝てない(おそらく気性難が邪魔をしている)ネオレボルーション。こいつには悪いが、また馬単2着固定で勝負させてもらう。

早目に抜け出しては何かに差され、直線勝負に打って出ては届かない……。というわけでネオレボ2着前提で予想をする。結構、いやかなりマジである。なんといっても勝負レースなのだから。

湯川特別というレースは基本的に堅いレースである。上位人気が連に絡む。というわけで2番人気のニシノラブキング(降級馬)を本命に推したいところだが、そう簡単にはいかない。


~ここから邪道~

ここで、過去ネオレボが2着した(10回)ときの馬単オッズを見てもらいたい。

45.4
 5.0
15.5
23.3
49.7
13.1
14.9
 7.0
24.3
30.1

平均を取ると、22.8(小数点第2位以下四捨五入)。つまり、このオッズに近い馬単で2着がネオレボのときの1着馬。これがすなわち勝ち馬である!

~ここまで邪道~


というわけで、ニシノラブキングの1着はない……というのは半分ギャグだが、半分マジである。あんなに素質を感じる馬(ネオレボ)がこんなにも2着するのである。オカルト予想でないとやってられない。

本命はトキノヤマトボシ(降級馬)。ネオレボが4着だった時の3着馬である。この対戦比較だけでも単純にネオレボに先着する可能性はまぁ有るといえる。藤田に乗り替わり、四位になったわけだが、四位は人気馬食いのイメージ。やってくれる。


まとめ
7→4 馬単一点勝負
【2010/06/20 15:12 】 | 未分類 |
前座 ~マーメイドS~
マーメイドS。このレースはこの後に控えている俺の勝負レースの前座にすぎない。ちゃちゃっと予想して次行こう!

マーメイドSはハンデ戦になってからの過去4年、軽量馬しか連対できないレースとなっている。↓

06年
ソリッドプラチナム 49
サンレイジャスパー 51

07年
ディアチャンス 53
サンレイジャスパー 54

08年
トーホウシャイン 48
ピースオブラヴ 52

09年
コスモプラチナ 53
ニシノブルームーン 52

……まぁ、そういうわけなので、55キロ以上の馬は切ることにする。レジネッタ、ブラボーデイジー、リトルアマポーラ、ムードインディゴ、ニシノブルームーン、ヒカルアマランサス。要は有力馬がほとんど消えた(笑)。

あと消せる馬は……、勝春は持論消しなので、コロンバスサークルは切り。初芝のチャームナデシコも切り。メイネトゥインクルも近走の成績からは買いづらい、切り。同じ理由でサンレイジャスパーも切り。

残った馬で馬券を組み立てる。本命はテイエムオーロラ。なんか上がり馬を安易に本命にするようで嫌だが、こいつを本命にしたのにはちゃんとした理由がある。前走で、あの「クーデグレイス」に勝っているのだ。クーデグレイスがどれだけ強いかは競馬ジャンキーの本ブログ読者ならわかるだろう。俺がどれだけこの馬を評価しているかは過去記事(ローズS、秋華賞)を見れば一目瞭然。まぁそういうわけなので(なんか適当)、テイエムオーロラ本命。

対抗はブライティアパルス。こちらも対戦比較から。前走で、あの「シルポート」にハナ差の3着である。シルポートがどれだけ強いかは競馬中毒の本ブログ読者ならわかるだろう。俺がどれだけこの馬を評価しているかは過去記事(エプソムC回顧)を見ればすぐにわかる。まぁそんなわけで(かなり適当)、ブライティアパルス、本命に限りなく近い対抗。

3番手にアースシンボル。過去4年のマーメイドSは軽量馬のとんでもない馬(爆)が連に絡んでいる。今回の該当馬はこの馬ではないかと。前走は超スローの展開から他馬をまとめてぶっこ抜くなかなかの内容。勝春から高倉の乗り替わりも全然良い。

あとは、本当は強いマイネレーツェル、前走よく追い上げたチェレブリタ、そのチェレブリタと今回は斤量逆転セラフィックロンプまで。


まとめ
◎テイエムオーロラ
○ブライティアパルス
▲アースシンボル
△マイネレーツェル
△チェレブリタ
△セラフィックロンプ
【2010/06/20 14:06 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。