スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
狙える差し馬がいない ~ローズS~
1800になった過去3年のローズSは化け物スカーレットは別として、基本的に差しで決まっている。となると必然と差し馬を狙いたいのだが、狙える差し馬がいない。残念ながらいない。タガノエリザベートは阪神JF上がり最速だしているが、そもそもの力量がない。アニメイトバイオは差し脚質だが、桜花賞でのあのザマ。

……え? アパパネはどうなんじゃい。違う違う。あの馬は差し馬というより自在型。先行~差しを自在に使い分けることができる。だが、この馬は新馬の3着といい、チューリップ賞の2着といい、久々(新馬を久々と言ってよいかは注文がつくが)に弱い。4冠がかかっている大事なレースの前哨戦で陣営がばっちり仕上げてくるわけがない。最悪3着に入ればOK的な? まぁ、そんな感じだ。

というわけで狙える差し馬はいない。そして気付いた。明日のローズS、先行馬で決まるのだと。にわかには信じ難かったが、どうしても差し込んでくる馬のイメージがわかない。もう先行馬を軸にするしかない。コース特性を非常に重要視する俺からしてみると、癪ではあるが、まぁしょうがない。

本命エーシンリターンズ。抜群のスタートセンス、レースセンス、終いもそこそこ伸びる実力馬。桜花賞、オークスで◎を打ったこの馬にここでも◎を打つ。俺はしつこい。しつこいなぁ~。おそらく2~5番手でレースを進めるだろう。最後ひょいっとオウケンサクラ(もしくはアグネスワルツ)辺りを差してもらって、アパパネの追撃を防げれば勝てるよ♪

対抗オウケンサクラ。前走は後ろから行ったので度外視。先行して強い馬。あのサンテミリオンにもフラワーCで先着していることから、相当強いはず。内枠のウチパクは買い。本命に限りなく近い対抗。

3番手にアパパネ。久々に弱いとはいえ、やはり3冠馬。それなりの格好はつけてくるだろう。噂によると、大分雄大な馬体になっているよう。さてどうなるのやら。

連下、アグネスワルツ。5か月休養後のフローラSでサンテミリオンの2着。その後のオークスで一旦先頭の3着。かなりの強さだとは思うが、逃げ馬。頭では狙えない。2着がいいとこだろう。


まとめ
◎エーシンリターンズ
○オウケンサクラ
▲アパパネ
△アグネスワルツ

買い目
馬単フォーメーション
③⑫→③⑤⑦⑫
スポンサーサイト
【2010/09/18 21:49 】 | 未分類 |
一番人気で先行馬なら間違いない ~セントライト記念~
題にあるように、本命はゲシュタルト。セントライト記念は一番人気が過去10年で2403。そして中山2200というコース、差しより先行が決まる。……ゲシュタルト軸でよさそうだ。安易だが、元来、夏の上がり馬との比較が難しいレース。変に比べないで、単純に春の実績馬を中心に予想を組み立てればよい。

ゲシュタルトはスプリングS2着→皐月7着、京都新聞杯1着→ダービー4着と、思いっきりトライアルホースである。ここも馬券内は堅いと見る。

対抗はクォークスター。中山成績2200。脚質的に頭はきつそうだが、2,3着は十分あり得る。

単穴は条件戦連勝中で勢いのあるミキノバンジョー、連下に相手なりに走るフェイルノート。


まとめ
◎ゲシュタルト
○クォークスター
▲ミキノバンジョー
△フェイルノート

買い目
馬単1着流し
③→⑤⑧⑬
【2010/09/18 21:17 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。