スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
4連複(?)的中 ~弥生賞回顧~
そんな馬券はない。

◎デボネア(3着)
○ショウナンマイティ(4着)
▲プレイ(2着)
△サダムパテック(1着)
消ターゲットマシン(11着)
消オールアズワン(8着)


見事な予想だ(苦笑)。

切るべき人気馬がわかっていて、なんで当てられないんだぁー。……自己嫌悪。
スポンサーサイト
【2011/03/06 16:11 】 | 未分類 |
優雅で快活な ~弥生賞~
今年のクラシックは混戦。私的に走破時計からレベルが高かったと思われるレースは、現状確認できているのだと、朝日杯FS、ホープフルS、京成杯、若駒S。これらのレースはどれも例年に比べ全体時計がよい。対戦成績も含めて考えると、朝日杯勝ち馬のグランプリボスがサクラバクシンオー産駒にも関わらず皐月の最有力といってもよいぐらいだ。

さて、そんな中今回の弥生賞。レベルの高かったレースに出走した馬が4頭出走する。内からプレイ、デボネア、サダムパテック、ショウナンマイティである。この4頭で馬券を組み立てることにする。

人気を見るとサダムパテックが断然だが、中山のフジキセキ産駒という時点で頭はほぼないとみていい。現に朝日杯で4着。こいつは△が妥当。

馬券の中心(軸)とするのは、デボネア。過去10年、弥生賞の勝ち馬の前走は、ディープインパクトの若駒Sを除く9頭が重賞。さらにトライアルに強いタキオン産駒。プレイが引っ張る展開になれば差してこれる。自信の本命。

対抗はショウナンマイティ。前走(若駒S)は重賞ではないが、なかなかのハイレベルレースだった。ただ、この馬、阪神内回り2000、京都内回り2000と走ってきているが、どちらもあまり上手なレースをしていない。1戦目、2戦目の外回りで好成績を残しているのを見ても、ここは得意舞台ではない。ただ地力はあるので外差しが決まっている今の中山なら十分やれる。

3番手にプレイ。善戦マンのため、単が売れていないようだが、相手関係を考えるとどうやら単騎逃げ濃厚。前残り注意。

オールアズワンは札幌2歳Sでお世話になった馬だし、前走も買った馬だが、どうやらラジオNIKKEI杯2歳Sのレベルが低い。ネオユニ産駒が活躍している舞台だが、ここは切りが正解かと。

ターゲットマシンは人気しているが、前走の寒竹賞のレースレベルが疑問だし、何よりスタートが下手。人気と実力のバランスを考えると、とても買える馬ではない。


◎デボネア
○ショウナンマイティ
▲プレイ
△サダムパテック
【2011/03/06 12:36 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。