スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
こんな馬券を待っていた。俺のための馬券、それがWIN5 ~天皇賞(春)~
先週は新馬券WIN5の存在を忘れ、気付いたらPATが0円になるという事態。そんな感じで新馬券デビューが遅れてしまったが、今週はついに購入。常に頭に何が来るかを追い求め、研究してきた成果を出す時が、ついに来た。自信の36点勝負! いざ!

東京10R アハルテケS
②インペリアルマーチ
⑧カジノドライヴ

京都10R 錦S
②ドリームゼロワン
⑦ガンダーラ
⑮バブルウイズアラン

新潟11R 谷川岳S
②スズジュピター
⑦スピリタス
⑫リディル

東京11R スイートピーS
③アカンサス
⑬オースミマイカ

京都11R 天皇賞(春)
⑮エイシンフラッシュ


では、春天の予想を(他のレースの解説は割愛させていただく)。

まず、Myデータから。

切り対象の馬(3着にも来ない)
・前走2ケタ人気
・8歳以上馬
・日経賞で1秒4以上負けていた
・馬番18
・牝馬

来ても3着までの馬
・休み明け2戦目、3戦目ではない産経大阪杯組
・前走オープン特別で4着以下に敗退

来ても2着までの馬
・前回条件戦に出走
・阪神大賞典で1秒以上負けていた
・馬番16、17
・7歳馬

以上のデータから、勝ち馬候補は以下。

ビートブラック
ナムラクレセント
ローズキングダム
ペルーサ
トゥザグローリー
ゲシュタルト
コスモヘレノス
エイシンフラッシュ

本命はエイシンフラッシュ。最強4歳世代の頂点に立った馬。それだけで、当然勝ち馬候補の一頭になってよい。3歳で出走したJC、有馬ではそれぞれ8着、7着と凡走続きであったが、これは3歳時のメイショウサムソンの成績と酷似しており(JC6着、有馬5着)、クラシックでの激戦の疲れが残っていたと考えればなんの不安材料にもならない。その後、大阪杯ではトップハンデでタイム差なしの3着。実質一番強かった言ってよく、世代トップレベルであることを証明した。これといった逃げ馬がいなく、どスローになるであろう今回の春天は、よーいドンの切れ味勝負になる公算大。そこで一番に抜けてくるのは当然エイシンフラッシュであろうという読み。

◎に対抗できそうなのはトゥザグローリー、こいつのみ。有馬3着からの京都記念、日経賞の連勝は本物。500キロ超の馬体が唯一の不安要素か。

あとはローズキングダム。こいつの特性上、頭はまずないだろうが、2,3着にはかなりの確率で来るだろう。菊花賞では前残りの展開を追い込んでの2着。長距離適性は間違いなくある。スローのよーいドンにも対応可能。軽めの馬体重もステイヤー向き。

あとはいらない。多分。


◎エイシンフラッシュ
○トゥザグローリー
▲該当馬なし
△ローズキングダム
スポンサーサイト
【2011/04/30 22:36 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。