スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
大舞台に強いブライアンズタイム ~桜花賞~
 正直ブエナビスタ以外は混戦。紐荒れの予感。気になる馬を考察してみる。

まずは最内のダノンべルベール。前売り3番人気。連対率100%。でも待てよ、成績ほど凄いか?この馬。前走のクイーンC、内を回ってきただけで、先行した馬が最後ゴールになだれ込んだだけだ。4着だったミクロコスモスとの着差を考えても強いとは思えない。なら、ミクロコスモスを基準に考えれば・・・。あとはFRか。後述する。

ヴィーヴァヴォドカ。おそらく逃げるのはこの馬。ブエナビスタが例によって追い込んでくるのなら、逃げ粘って複圏内は考えられなくもないが、逃げ馬は基本的に桜花賞ではデータ的に危険。前に行く馬で注意すべきなのはサクラミモザか?

サクラミモザは前走チューリップ賞で逃げ粘っての2着。スローだったので別に凄い印象はない。今回は好位追走の形だろうが、それで味が出るかは疑問。人気し過ぎ感があるのでここは軽視。

人気薄の武豊は怖い、ということでアイアムカミノマゴはどうだろうか。割と堅実に走るイメージのある当馬は、前走のFR2着。スタートの出は良い方ではなかったが、最後の追い込みは見事だった。競馬はあまり上手い印象は受けない。が、ミクロコスモスとの着差を考えると、FRの上位1~3着馬は怖いのではないか。とするとあとの2頭はどうか。

ワンカラット。FRの勝ち馬。インを伸びての勝ち。前走は藤岡が上手く乗った感があるので、今回も上手くいくかというと・・・。しかしこの馬、前走のスタートは上手だった。少し抑えきれない感じで先団を進んでいく感じには、折り合い大丈夫?という印象を受けたが今回、マイルで大丈夫だろうか。マイル勝ち経験がないのが気になる。

FR3着のレディルージュ。この馬がFR1~3着馬の中では一番気になる。正攻法の競馬をしたのはこの馬。スタート良し。折り合い良し。4角で早めに仕掛けたが、最後内を通った上記の2頭に交わされて3着となってしまった。早めの仕掛けに関して鮫島Jは「権利取りのため」と言っていたらしい。先行勢で最後まで粘るのはこの馬か?過去6戦、人気を裏切ったことは一度もない(というかそもそも人気がない)。前売りブービー人気は盲点なのか、どうなのか。

前売り2番人気のレッドディザイア。2戦2勝。共に上がり最速。前走のエルフィンSで負かした相手に今回の出走馬、アイアムカミノマゴ(逃げ粘りの4着)がいる。上位4頭はそこまでの着差はない結果であった。しかし、ギリギリのところでぶっこ抜いた当馬の実力は「おそらく」非凡。あくまでもおそらくであり、いくら底を見せていないとは言え、まだよくわからない馬。今回、大外を引いてしまいこれは明らかに不安材料。さらにこの人気ではまるで妙味がない。狙いづらい。

ブエナビスタ。ここは勝って当たり前だろうが、競馬は何が起こるかわからない。2、3着の可能性も考えられる。馬券圏外なんてことも・・・?それはちょっとあり得なそうだが。

馬券はブエナビスタと○○。○ー○。の2頭軸総流しの3連複を予定しているが、もう少し考えてみる。結論は追記で。っていうかタイトルでばれてるか。
スポンサーサイト
【2009/04/11 20:25 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。