スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
同厩舎二頭使いの人気薄 ~日本ダービー 4~
 本命はアイアンルック。まさかこんなに人気ない馬を本命にするとは。自分でもびっくり。理由は簡単。この馬の瞬発力が半端ねぇ、実に半端ねぇということに気づいてしまったから。キャリア4戦を適当に振り返ってみる。新馬戦、文句なしの圧勝。アーリントン、前が開いてからのもんのすごい末脚。毎日杯、当然の勝利。NHKマイルC、不利を受け絶望的な位置からの追い上げ。とにかく全てのレースにスケールの大きさを感じる。距離は多分もつ。相手関係に関してだが、地力を考えてもジョーカプには勝てるはず。皐月組は比較が難しい。小牧がダービージョッキーになれるのかどうかだが、「人気薄の小牧」だからこそあり得る。期待せずにはいられない。

 対抗、アンライバルド。データ的にも不安要素はあまりない。嫌う材料は大外故に歓声で入れ込まないかどうかということ、折り合いがこの馬はそんなによろしくないということ、そして斬れる脚は使えるがそれを長く使えるタイプではなさそうなこと。とはいえ強い。差し比べで◎には少し劣る気がするので、その分割引き。まあ、本命に限りなく近い対抗。

 3番手にセイウンワンダー。素晴らしい調教。絞れた馬体。究極の仕上げ。やるかやられるか、陣営のマジな感じ。福永の自信。脚質の自在性。そして青毛がかっこいい。もはや、文句のつけどころがない。予定通り5番人気ぐらいの丁度よいところ。騎手乗り替わりで勝てるのか、というデータがマイナスポイント。当日の馬体重次第だが(まあ急増はないだろう)、対抗に限りなく近い単穴で。

 あとは、皐月大敗でもやっぱり切れないロジ、青葉賞組で1枚も2枚も上だったアプレザン、皐月で先行馬では最先着のナカヤマ、前走だけでは見限れないブレイク、馬鹿に出来ないGI馬ジョーカプ、皐月賞を一応2着のトライアンフまで。


まとめ
◎アイアンルック
○アンライバルド
▲セイウンワンダー
スポンサーサイト
【2009/05/31 02:17 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。