スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
言わずと知れたトライアルホース ~毎日王冠~
毎日王冠。まぁ東京の鬼ウオッカの3着以内は堅いだろう。問題は「何着」になるかということ。他の面子を見ても1着の可能性は結構高い。だが、ただ一頭ウオッカよりも先にゴールしそうな馬がいる。それがカンパニーだ。

GII・GIIIなら強いカンパニー。しかし、カンパニーは毎日王冠ではなぜか馬券になれない。というか東京で走らない。そんなカンパニーだが、皆さんはお気づきだろうか。カンパニーが年を重ねるごとにパワーアップしていることを。近走の安定感は一体何なんだ。GIでは4着、GIIでは1,2着。今なら、苦手な東京でも頭まであるのではなかろうか。

このレース、ウオッカを絡めた馬単一点勝負でいこうと当初から決めていた。相手を誰にするか、ウオッカは1着なのか2着なのか。まず、相手で思いついたのがヤマニンキングリー。近走の連対率は凄まじいものがある。あのブエナビスタにも勝った。でも待てよ、あれはブエナビスタに「勝った」のではなく、ブエナビスタが勝てるレースをただ落としただけなのではないか、そう思った。ヤマニンキングリーは、たまたま上手く運べて内から抜け出せたイメージ。ブエナビスタ以外の面子も大したことなかった。そもそもヤマニンキングリーが戦ってきたレースレベル、相手関係が疑問。いや今の4歳牡馬のレベルが疑問(笑)。というわけでこいつは切り。

次に思いついたのがスマイルジャック。……今の4歳牡馬のレベルが疑問。以下略。

サンライズマックスやアドマイヤフジ、ナムラクレセントあたりはどうだろうか、とも思ったが、カンパニーと比べると根本的な力が足りてないかな、と。

というわけでカンパニー本命。ウオッカ対抗。

ウオッカ対抗の理由を述べる。東京では凄まじい走りを見せるウオッカ。だが、こいつを安易に1着固定にしてよいものか。いや、それは違う。何か、あるはずだ。俺は必死に粗を探した。そして見つけた。キーワードは「非根幹距離」。ウオッカの強さは特にマイルで発揮されるのはご存じだろう。だが、秋天で1着、ジャパンCで3着しているように、マイルより長い距離でも、まぁ走る。しかしながら、非根幹距離ではどうだろう。以下にウオッカの距離別成績(海外成績は除く)をまとめたので見てほしい。

1600m 7.2.0.0
1800m 0.2.0.0
2000m 1.0.1.0
2400m 1.0.1.1
2200m 0.0.0.2
2500m 0.0.0.1


非根幹距離が苦手なことが一目瞭然である。

いくら得意な東京とはいえ、1800mなら何かに負ける。勝つのはカンパニー。馬単一点勝負。


まとめ
◎カンパニー
○ウオッカ
スポンサーサイト
【2009/10/11 00:09 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。