スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
盲点 ~共同通信杯~
明日は共同通信杯だが、その予想をする前に、現在のクラシック戦線(牡馬ver.)を考察してみようと思う。

まず、挙げられるのが2騎。朝日杯勝ち馬のローズキングダムと、ラジオNIKKEI杯勝ち馬のヴィクトワールピサである。個人的にはピサの方が好きだ。走り方が好きだ。あの前脚の滞空時間。あれがたまらん。新馬戦ではローズキングダムに負けているが、GIを取るために距離短縮してしまったローズ、クラシックを意識してのラジオNIKKEIに出走したピサ。これは余裕で逆転可能なのでは。

ラジオNIKKEI2着のコスモファントム。こいつにも注目している。俺はこいつをラジオNIKKEIで本命に推したわけだが、その理由としてはとにかく堅実であるということ。こういった馬はとにかく3着以内を確保する。先行脚質であるということが、より一層こいつの堅実さを引き立たせている。

このコスモファントムを野路菊Sで子供扱いしたのが、リルダヴァルである。骨折で戦線離脱したが、どうやら戻ってくるらしい。骨折の影響がなければ、怖い怖い一頭である。

ラジオNIKKEIで4着だった、ヒルノダムール。次走の若駒Sで超良血馬のルーラーシップを下した。同じく、ラジオNIKKEIで5着だったアドマイヤテンクウは京成杯で2着。ラジオNIKKEIのレベルの高さを見せつける格好となった。

ところでヒルノダムール。この馬は新馬戦で2着なわけだが、その時の勝ち馬がアリゼオ。そう、明日の共同通信杯出走予定の現在1番人気馬である。ヒルノダムールに勝っているのだからアリゼオの頭は堅いのでは? 確かにそうかもしれない。だが、そうは問屋が卸さないのである。現在2番人気の馬がダノンシャンティ。さっきから散々言っているラジオNIKKEI杯に出走した馬である。3着であった。

さてさて、この2頭。どっちが強いのか? ヒルノダムールが見事に物差し的存在になるわけだが……。アリゼオとヒルノダムールはクビ差。ダノンシャンティとヒルノダムールはハナ差。じゃあ、アリゼオの方が強いのか……ってそんなアホな結論があるかぃ。

この2頭のオッズを見ればわかるとおり、大半の人はこの2頭の一騎打ちを予想している。だが、俺は人気の盲点的な馬を発見してしまった。タイセイレジェンドである。この馬は新馬戦でアドマイヤテンクウに先着しての2着。続く未勝利戦で、東スポ3着、京成杯3着のレッドスパークルを下しての勝ち。力差的には、人気の2頭と対して差はないにも関わらず、このオッズ差。正直おいしい。

久しぶり(5か月半ぶり)というリスクはあるが、それ以上にリターンがあまりにも大きすぎる。ローリスクハイリターンの典型。勝負賭けちゃうよ。

まとめ
◎タイセイレジェンド
スポンサーサイト
【2010/02/06 18:45 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。