スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
レボリューションじゃないよレボルーションだよ2
今日の函館11R、湯川特別。俺の今世紀最大の勝負レースである(嘘)。当たる確率は100%である(大嘘)。

またもあの馬が出走する。ダートに出走するという姑息な手段を使い、やっと500万下を抜け出した(正確には抜け出していない)あの馬が!

……永遠の500万下シルバーーーーーーコレクターーーーーー!!!!! ネオレボルーーーーーーション(降級馬)!!!!!!!

どう考えても素質はあるのだが、何とも勝てない(おそらく気性難が邪魔をしている)ネオレボルーション。こいつには悪いが、また馬単2着固定で勝負させてもらう。

早目に抜け出しては何かに差され、直線勝負に打って出ては届かない……。というわけでネオレボ2着前提で予想をする。結構、いやかなりマジである。なんといっても勝負レースなのだから。

湯川特別というレースは基本的に堅いレースである。上位人気が連に絡む。というわけで2番人気のニシノラブキング(降級馬)を本命に推したいところだが、そう簡単にはいかない。


~ここから邪道~

ここで、過去ネオレボが2着した(10回)ときの馬単オッズを見てもらいたい。

45.4
 5.0
15.5
23.3
49.7
13.1
14.9
 7.0
24.3
30.1

平均を取ると、22.8(小数点第2位以下四捨五入)。つまり、このオッズに近い馬単で2着がネオレボのときの1着馬。これがすなわち勝ち馬である!

~ここまで邪道~


というわけで、ニシノラブキングの1着はない……というのは半分ギャグだが、半分マジである。あんなに素質を感じる馬(ネオレボ)がこんなにも2着するのである。オカルト予想でないとやってられない。

本命はトキノヤマトボシ(降級馬)。ネオレボが4着だった時の3着馬である。この対戦比較だけでも単純にネオレボに先着する可能性はまぁ有るといえる。藤田に乗り替わり、四位になったわけだが、四位は人気馬食いのイメージ。やってくれる。


まとめ
7→4 馬単一点勝負
スポンサーサイト
【2010/06/20 15:12 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。