スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
相性がよい……はず ~毎日王冠~
毎日王冠。これを観に、明日は久しぶりに府中に参戦。昨年、カンパニーからウオッカへの馬単を一点で的中させたように、非常に相性のよいレース。多分。

今年の3歳馬はレベルが高い。ヒルノダムールの札幌記念4着の走り。今日の大原Sでのリルダヴァルの圧勝劇。ヴィクトワールピサは凱旋門賞で7着、頑張った。ダービー1,2着馬が古馬と対戦するのを早く観たい。

今年の毎日王冠には3歳馬が3頭出走する。ペルーサ、エイシンアポロン、アリゼオ。どの馬も強いが、やはり注目はペルーサだろう。ダービーは6着だったが、若葉S、青葉賞で見せた強さ、この舞台で発揮できるか。88年のオグリキャップ以降、3歳馬が勝ったことはない。期待したい。

……、にしても1番人気は過剰すぎる。底知れない強さに期待しているのだろう、世間は。もちろんその可能性はあるのだが、あまりにもハイリスクローリターン。データで買えない馬を本命に推すのはハイリターンのときだけでいい。

本命アドマイヤメジャー。今回の面子10頭を見た時、消去法で残ったのがこの馬。そして勝ったときに一番ピンとくるのが個人的にこの馬。まず、ネヴァブションは勝春だからいらない。ただ、宝塚組はデータ上非常に来るので、穴党の人はヒモに一考の価値あり。でも地力がどう考えても足りない。3歳馬はデータ上厳しいのは明白なので、前記の3頭は軸候補からは外れる。59キロは過去10年勝ったことないからショウワモダンも無理。マイネルスターリーは松岡という時点でいかにも穴の匂いがぷんぷんするが、毎日王冠で連に絡めるような馬ではない。シルポート、こいつの逃げは要注意、ただメイS,エプソムCと何かに差されてしまうので、勝ちきるまでは謎。対抗評価で。トウショウウェイブは東京得意だが、重賞では用なし。スマイルジャックに1着は似合わない。一度も強いと思ったことがない。

……で残ったのがアドマイヤメジャー。過去3戦上がり最速を連発。12戦して上がり最速が6回。東京は走ったことがないが、おそらく向いている。さらに明日は雨。雨のキングマンボはあまりにも有名。今日(土曜)の府中は外差しが決まっていた。馬場も味方している。何より前走3着に敗れたため、一気の人気落ち。あまりにもおいしい。……が、心配なのは地力。こいつホントに強いの? という疑問からの5番人気なのだろう。しかし俺的消去法で考えるとこいつしかいない。こいつしか。

前述したが逃げ残りが怖いシルポートが対抗、大物か否かペルーサが単穴、斤量がきついショウワモダンは連下まで。


まとめ
◎アドマイヤメジャー
○シルポート
▲ペルーサ
△ショウワモダン
スポンサーサイト
【2010/10/09 21:35 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。