スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
東京新聞杯だ。カネトシツヨシオー、ジョリーダンスこの2頭があつい。
 はい、明日は東京新聞杯。面子いい。面白そう。まじで。
カネトシツヨシオーとジョリーダンス、この2頭を推します。
理由は簡単。スズカフェニックスが勝った阪神Cでの2頭の走りっぷり。昨年の東京新聞杯の覇者であるスズカフェニックスを軸に考えたら自ずと答えはでる。
カネトシツヨシオーは7着であったが、実はそれなりの脚を使って伸びてきてのもの。この実力は次走の京都金杯で表われることになる。斤量有利というのもあったが、あのアドマイヤオーラと同じ脚を使っての3着。府中マイルになったらその実力はいかんなく発揮されるとみる。さらに斤量56キロとこれまた魅力。ジョッキーは秋山ということでまたも人気薄でますます狙い目。
阪神C2着だったジョリーダンスは、比較的わかりやすい。今回の騎手はペリエということもあり非常に目立つ存在だろう。しかし東京新聞杯を狙ってきたということで斤量は55キロで走れる。府中マイルは安田記念の3着など、牡馬相手でも何ら問題なし。有利な条件が揃ってはいるが、人気はエイシンデピュティやカンパニーが被ってくれるだろう。こちらも狙い目。
というわけでこの2頭を軸に3連単で勝負したいのだが、相手は混戦。トップハンデではあるがやはりエイシンデピュティ、カンパニーの2頭は紐としては外せない。
あと、穴になるのかは疑問であるがハイアーゲーム。この馬は▲評価。初のマイルだが東京得意な上、鳴尾記念ではエイシンデピュティやあのアドマイヤオーラを押さえての1着。斤量56キロも普通に恐い。もしそれほど人気にならないのであればおいしい。
まとめ
◎ カネトシツヨシオー
○ ジョリーダンス
▲ ハイアーゲーム
△ エイシンデピュティ
△ カンパニー
スポンサーサイト
【2008/02/01 18:13 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。