スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
絶景が見たいぜっ ~天皇賞(秋)~
秋天。まずはよく当たるMyデータから。1984(秋天が2000mになった)~の100%該当(多分)データである。

切り対象の馬(3着にも来ない)
・前走2桁人気

来ても3着までの馬
・前走10着以下に敗戦
・前走1秒以上差で負けていた
・前走準OPに出走

来ても2着までの馬
・前3走すべて4着以下
・5ヶ月以上の休養明け初戦
・2000mのGⅢ連勝馬を除く、前走GⅢ出走馬
・前走オールカマーを使った関東馬
・近3走以内に重賞勝ちがない前走オールカマー組
・毎日王冠で7着以下に敗戦
・地方馬

特記
・5番人気以内の馬が必ず連対する

以上のデータから、勝つ可能性のある馬は以下の11頭。

アクシオン
アリゼオ
アーネストリー
エイシンアポロン
ジャガーメイル
スマイルジャック
スーパーホーネット
トウショウシロッコ
ネヴァブション
ブエナビスタ
ペルーサ

今年の3歳馬は強い。これはもう揺るぎない事実だ。当然3歳馬には厚い印を打つつもりだが、やっぱり本命は、この方。ブエナビスタさんです。

京都記念、有馬記念では稼がせてもらった。何気に俺との相性が良い馬。結構好きな馬だったりする。

「とんでもなく強いが、連勝しまくるわけではない、どこか現実的な強さ」
「どんなコースでもそれなりに適応してしまう、ゼネラリスト的存在」
「生涯、馬券圏内を外したことがない、安定感」
「差し脚質だが、先行もできる、脚質の自在性」

ブエナビスタの魅力を挙げると、こんなとこだろうか。特に1個目に共感してもらえると嬉しいのだが、わかるだろうか。ブエナビスタは安勝が乗っていたときは、いつもギリギリで勝っていた。もっと早く追い出していれば、余裕で他馬を突き放していたのではないか。そう世間が思っていた中、ノリは先行した。すると、今度は何かに差される、という競馬。そう、どこか現実的な強さなのである。そこに俺は魅力を感じちゃったりしている。

ブエナビスタにはぬいぐるみが当たった時から、縁を感じていた(笑)。Myデータ的にも死角はない。2戦2勝、得意の舞台、「府中」でその末脚が炸裂するっ。

今年の3歳馬は強い。今更言うまでもないか。もうこれは揺るぎない事実だ。本命ブエナビスタに対抗できるのは3歳馬だ。対抗、コスモファントム。数少ない俺のブログの読者なら知っているだろう、「ラジオNIKKEI杯2歳S」というキーワードを。ヴィクピサが勝ったラジオNIKKEI杯2歳S。このレースはとにかくレベルが高かった。勝ち馬は皐月賞馬。3着馬はNHKマイルC馬。4着馬は皐月賞2着。5着馬は京成杯2着。その京成杯の勝ち馬がダービー馬。そのダービー馬が神戸新聞杯で負かした馬が菊花賞馬。……少し脱線してしまったが、コスモファントムはそのラジオNIKKEI杯2歳Sで2着している。どう考えても強い。15番人気? 意味がわからない。

安定感のある先行脚質。台風が去ったばかりの荒れ馬場で、絶対的に前有利。穴の松岡。ちょい自信ありの対抗。

3番手評価はアリゼオ。3歳馬。府中は2.0.1.1と好相性。共同通信杯での3頭合わせの激戦は今も記憶に新しい。そして、ここ最近、とにかく福永が乗れている。今日のスワンSのマルカフェニックスでの無難な立ち回り。菊花賞、「あの」レーヴドリアンで先行してかつ内を突いて4着に持ってくる技術。毎日王冠では6番人気のアリゼオを頭まで持ってきた。大外枠はプラス材料ではないが、こいつは上位に来る。

4番手はエイシンアポロン。またもや3歳馬。個人的評価は○▲の馬に比べると劣るが、ラチ沿いに走るとこいつは強い。内枠を引けたのはこいつにとってとてつもなく大きい。

5番手はスーパーホーネット。毎日王冠で勝っているし、2000mも余裕。人気していないし、地力考えたら全然買い。

アーネストリーは宝塚記念でブエナとの勝負付けは済んだと思っている。連下まで。

サンデーの生き残りアクシオン、武豊にも注目。


まとめ
◎ブエナビスタ
○コスモファントム
▲アリゼオ
△エイシンアポロン他
スポンサーサイト
【2010/10/30 22:24 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。