スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
7週連続GIが楽しみすぎる件
今日はみやこSは話にならん感じだったが、アルゼンチン共和国杯は実に惜しかった。俺が買った馬券は以下。

馬単1着流しマルチ相手1頭
②トーセンジョーダン⇔⑦コスモヘレノス

3連単
②→⑦→④スマートステージ

上記3点(均一配分)である。

馬単②→⑦が92.2倍ついているから、正直ジャミールには参った。クビ差で外すのが現状の俺の実力ということでそれは認めるが、今調子が上々なのは確か。7週連続GIの前にこれは良い傾向だ。

ちなみに3連単の一点買いに関してだが、これは最近始めた試験的導入馬券である。俺が普段馬券にどれくらい賭けるか知っている人はこの一点にいくら投資したかは大体想像できるだろう。一見無謀にも思える買い方だが、スーパーローリスクウルトラハイリターンと言ってもよいぐらい、効率のよい馬券だと(今は)思っている。しばらくは続けてみるが、あまりにも当たらないようであれば、その金額を(得意の?)馬単に配分しようと思う。

もう少し3連単の話を。上記のような買い方は、3連単なんてどうせ(ほとんど)当たらないのだから、一点買いでいいじゃん、というのが根底にある。勝つか負けるか、つまり1着か2着か、というのは実力に反映されやすいものだと思う。それに対し、「3着」というのはホントに何が来るかわからないものだと俺は思う。なぜなら勝つか負けるか、3着馬というのはそういったせめぎ合いにいない馬が大半だからだ(3頭合わせは別)。……となると3着の馬を当てるのは大変難しく、宝くじを当てるようなものといってもまぁ大げさではない。

もう少しだけ3連単の話を。競馬を始めた当初、俺の馬券の買い方は2頭軸マルチ相手5頭、というものだった。要はワイド一点を当て、かつプラスで選んだ5頭の内一頭の複勝が当たれば的中するという馬券なわけだが……これがなかなか当たらんわけで。軸2頭がワイド圏に入ってもヒモ抜けだとか……、ヒモで選んだ馬が全部来たが、軸2頭がどこにもいないとか……、そんな感じでこの馬券の買い方は1年ぐらい、いやもっと? 続けてみたが、辞めた。

上記の背景から俺は「散らさずに絞る」という戦略に打って出た。それが今の馬単少点数買いに繋がっているのだ。

少々脱線したが、とにかく最近予想がキレている(笑)。春GIより秋GIが得意なのは過去の傾向から明らかなので、回収率100%超え状態でこの7連戦に突入できるのは非常に具合がいい。

楽しみすぎる……。

P.S.
コスモヘレノス3着。今年の3歳馬は本当に強い。JCはブエナじゃない。3歳馬だ。
スポンサーサイト
【2010/11/07 20:04 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。