スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ハンデ戦はむずいぞ ~日経新春杯~
本命はビートブラック。ローズキングダムとの3キロ差は面白い。菊花賞はローキンにクビ差の3着だったが、前残りの展開だったので、実力差はもっとあると思っていい。と考えるとローズキングダム本命でもよいのだが、とにかくローズキングダムとの3キロ差が面白い。どちらが頭で来るか。考えるべきはもはやそれだけでよい。妙味あり、先行馬有利の京都、諸々考えてもこいつ頭が一興かと。

対抗はローズキングダム。最強4歳世代のトップクラス。ピサより直線の長いコースで勝り、短いコースで劣る馬。今回は京都外回りAコース。直線の長さは404m。得意舞台といえる。ハンデ58キロとはいえ、他馬との斤量差を考えるととても恵まれた感。ビートブラックが56キロだったら、こっちを◎にしたところだが。

ルーラーシップは中山→京都(外)は条件好転だが、1.5キロ差ではローズキングダムに敵わない。ゲシュタルトは調子を戻してきたし、展開は向きそうだが、こいつも2キロ差ではローズキングダムに敵わない。ヒルノダムールは距離が長い。コスモヘレノスにこの面子で56キロは可哀想。


まとめ
◎ビートブラック
○ローズキングダム
スポンサーサイト
【2011/01/16 15:01 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。