スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
はっきり言ってかなりの勝負レースなのだ ~きさらぎ賞~
きさらぎ賞。

本命はオルフェーヴル。前走のシンザン記念では内伸びの馬場にも関わらず、外から追い込んで2着。府中での凡走の後なだけに、右回りなら相当強いことがわかる。3着馬のマルセリーナがエルフィンSで圧勝したのもあり、レースレベルの高さは証明できた。今、京都は一変外差し馬場。確勝級とみる。

対抗も差し馬。ギリギリヒーロー。デビューからの3戦は幸四郎なので参考外。前々走のシンザン記念では8着も上がり2位。前走の500万下では、ラジオNIKKEI杯2歳Sで3着だったコティリオンに先着。今回で京都は3戦目。馬場はこの馬に味方している。末脚炸裂間違いなし。

3番手にコティリオン。前述の通り、ラジオNIKKEI杯2歳Sで3着。前走500万下で3着。今回も3着くさい。


まとめ
◎オルフェーヴル
○ギリギリヒーロー
▲コティリオン

p.s.
東京新聞杯はまだ考え中。ダノンヨーヨーが強いのは分かっているが、さてどう買うか。
スポンサーサイト
【2011/02/05 23:22 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。