スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ここで人気落ち ~フェブラリーS~
今年初のGI。データ予想で当てにいく。フェブラリーSがGI定量となった1997年から昨年までの100%該当データ。ただし、2003年中山開催は除く。

切り対象の馬(3着にも来ない)
・7歳以上の牝馬
・9歳以上馬

来ても3着までの馬
・5,6歳の牝馬
・前走6着以下(GI除く)
・前走で重賞を勝った馬とダート4戦未満を除く、ダート連対率5割未満
・重賞1着、またはGI連対例なし
・前走根岸Sで敗戦
・前走二桁人気
・初ダート

来ても2着までの馬
・4歳の牝馬
・当該コースを経験しながら勝ち星がない(GIのみ経験馬は除く)
・7、8歳馬
・平安S組と前走GI連対馬を除くマイル戦(芝含む)未勝利
・前走、条件~オープン特別に出走馬
・ダート4戦未満と前走GI連対馬を除く、ダート戦3勝以下

特記
・2回以上このレースを勝った馬はいない

というわけで、かなり消せた。上記データで残った馬はたった5頭。

オーロマイスター
バーディバーディ
ダイシンオレンジ
シルクメビウス
マチカネニホンバレ

5択……。この5頭なら本命は迷わずシルクメビウス。そう言えば、昨年の秋JCダートでもこの馬を本命にした。あれは、完全にタナパクの大外ぶん回し騎乗が問題であり、5着は力負けではない。前走の東京大賞典5着もあまり気にする必要はない。なぜなら、今回のフェブラリーS、府中マイルとは全く異なるコース形態であるから。求められるものが違う。例を挙げると直線の長さ。大井の外回り386mに比べ、府中は501.6m。100m以上も違う。シルクメビウスはこのコースを3歳時にユニコーンSで制しており、そのときの2着馬が昨年のJCダートの2着馬グロリアスノア。つまり素質では全く劣らない。さらに、やや重で差しが決まりそう。最近はどうも人気先行型だったが、人気落ちで岩田に乗り替わりのここは、どう考えても買い。

対抗はバーディバーディ。JCダート4着。東京大賞典3着。いずれも本命馬に先着している。しかし、それは2キロ差の恩恵を受けてのもの。斤量が同じ今回はこちらを下にみる。4歳の芝馬と比べ、どうもなめられている感のある4歳ダート馬だが、そこに妙味あり。


……というわけで、完全にデータのみを信じた形の予想。これが吉と出るか凶と出るか。


◎シルクメビウス
○バーディバーディ

p.s.
おまけデータ。1997~2010(2003を除く)の勝ち馬は全て6番人気以内。もはや、勝ち馬はシルクメビウス、バーディバーディの2択!?
スポンサーサイト
【2011/02/19 21:14 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。