スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
世界三大高級時計メーカーの一つ ~東京優駿~
まずはよくあたるMyデータ。

切り対象の馬(3着にも来ない)
・前走がダートだった馬

来ても3着までの馬
・京都新聞杯(1999年以前は京都4歳特別)で2着以下の馬
・キャリア10戦以上で重賞未勝利の馬
・1勝馬
・今年4戦以上で未勝利の馬

来ても2着までの馬
・今年、着外(6着以下)が皐月賞以外で2度以上ある
・前走青葉賞

で、残った勝ち馬候補が以下。

サダムパテック
オールアズワン
リベルタス
オルフェーヴル
クレスコグランド
ベルシャザール
フェイトフルウォー
ナカヤマナイト
エーシンジャッカル
ロッカヴェラーノ
トーセンラー
トーセンレーヴ
ノーザンリバー

で、人気面のデータを加味する。勝ち馬は1986年から全て7番人気以内なので、残るのはこうなる↓

サダムパテック
オルフェーヴル
クレスコグランド
ナカヤマナイト
トーセンラー
トーセンレーヴ

上記6頭の中から勝ち馬は出るはずだ。

本命はサダムパテック。日本ダービーは基本的には人気ある馬が来る。近年はエイシンフラッシュとかアサクサキングスが2着するとか、人気薄の台頭が目立つけれど、結局は人気馬がくるわけで。それは皐月賞の上位着順の馬だったりするわけで。

ん? ではなぜオルフェーヴルでないのか。理由は1つだけ。未だに疑っている。東京適性を。ただそれだけ。たった一度きりのコンマ5秒差をそこまで信頼してよいものなのか。未だに疑っている。

その点サダムパテックは皐月賞2着だけでなく、東スポ杯で圧巻の強さを見せているから信頼できる。府中での走りを期待できる。父フジキセキだが母父エリシオが上手いこと効いている的なことをサダムパテック関係者も言っていた。吉沢さんも調教の注目馬に挙げていた。岩田さん、頼みます。あなたならやれます。

対抗はナカヤマナイト。前回はデータ的に不利だったが5着に健闘。あれで万全でないというのだから今回はそれはもう期待してしまう。

単穴はクレスコグランド。ユニバーサルバンクを負かしている。つまり間違いなく力量はある。勢いもある。嫌う理由はない。

オルフェーヴルは抑えで。まあ普通に勝つかもしれんけどね。あとはウィリアムズ超上手いんでトーセンレーヴにも注意。


◎サダムパテック
○ナカヤマナイト
▲クレスコグランド
△オルフェーヴル
△トーセンレーヴ
スポンサーサイト
【2011/05/28 21:59 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。