スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ウェールズの最高峰の山 ~朝日杯FS~
まずはデータから。

切り対象の馬(3着にも来ない)
・馬番16

来ても3着までの馬
なし

来ても2着までの馬
・馬番13~15

要するに枠のデータしかない(笑)

このレースは基本的に内枠を買っておけばよい。OPクラスで勝ち星があるとなおよい。そうすると3頭しかいない。

ネオヴァンクル
スノードン
クラレント

ネオヴァンクルは前走言いわけのしようがない大敗だったのでいらない。
となると、勝ち馬候補はスノードンかクラレントに絞られる。

クラレントの前走大敗は直前の放馬によるものだと考えれば、この馬が勝ち馬候補筆頭となる。が、しかし近年前走大敗から来た勝ち馬というのは思い浮かばない。何より大敗による馬の精神的ダメージが怖い。ただ、ダローネガを負かしたデイリー杯は素直に評価できる。対抗。

本命はスノードン。1986年からのデータによると、勝ち馬は10番人気以上。スノードンは現在10番人気。ぎりぎり、勝ち馬候補。あまりの人気のなさに驚き。放牧後から馬が変わったと考えれば、実質2戦2勝馬。単が美味しい。単勝勝負。

PO馬のダローネガも大外とはいえ地力はある。連下。

あとは最近当たりに当たっている親父の購入馬ローレルブレット、トウケイヘイローを押さえておく(笑)

朝日杯FS
◎スノードン
○クラレント
▲ローレルブレット
△トウケイヘイロー
△ダローネガ

WIN5(自信度C+)
中山10R 3,5,10,12,13,14,15
阪神10R 1,7
中山11R 6,7
小倉11R 10
阪神11R 4,10,12
スポンサーサイト
【2011/12/18 13:16 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。