スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
待ってました!ショウナンアルバ!~スプリングS予想~
 クラシックの第一関門、皐月賞が近づいてきた。日曜はそのトライアル、スプリングSだ。この前弥生賞が行われたけれど、勝ち馬のマイネルチャールズはとりあえず中山2000mでは物凄く走るということがわかった。俺の注目馬ショウナンアルバと脚質が被っているので本番では注意が必要である。2着だったブラックシェルもやはり武豊というべきか、まあ馬の能力が良いのだが、きさらぎ賞での最後方待機は失敗だったということで、再度注目だろう。ダイシンプランとの対戦成績どうこうは、もはやどうでもいい。弥生賞組ではこの2頭がショウナンアルバのライバルとなることだろう。多分。

 では本題。今回のスプリングS。一見混戦に見えるが、そうではない。俺の過去の記事を読んでもらえばわかるが、この面子ならショウナンアルバが抜けて強いのが、きさらぎ賞の結果でわかってしまったのだ。きさらぎ賞の勝ち馬はレインボーペガサス。この馬もスプリングSに出てくるがそこまで注目する必要はないとみる。きさらぎ賞は展開が嵌っただけで別に一番速い上がりを使ったわけでもない。そもそもスマイルジャックに辛勝している時点でショウナンアルバの敵ではない。過去の対戦成績からも、俺の中でレインボーペガサス=ヤマニンキングリーという方程式が成り立っている。

 ・・・ではショウナンアルバの圧勝か、といったらもちろんそうとは限らない。競馬は強い馬が勝つとは限らない。そこでショウナンアルバの対抗に挙げるのがベンチャーナイン。先行勢ならショウナンアルバはレッツゴーキリシマやスマイルジャックには負けないだろう。素質の段階で。怖いのは直線突っ込んでくる末脚自慢の馬である。今回の面子ではベンチャーナインがやばい。過去6戦して上がり最速が5回。嵌れば突き抜けてもおかしくないよ、これ。

 で、単穴はフローテーション。典がテン乗りです。萩Sの走りっぷりからして、前から勝負したら怖い一頭。ましてや逃げたりなんかしたら・・・。っていうかフローテーションのビジュアルが好き。なんかライオンみたい。たてがみとか、尾っぽとか超綺麗。格好よすぎ。

 あ、今年のクラシックのキーマンである(勝手に言ってる)スマイルジャックは、忘れずに馬券の買い目に入れておかないとね。前にも言ったが、ショウナンアルバを俺が推す理由は全て若竹賞でのアルバの走りっぷりを見たときから始まっており、スマイルジャックの数々の好走ぶりがなければ、俺はここまでショウナンアルバを推せなかっただろう。

 共同通信杯で期待は確信に変わった。ウォーエンブレム産駒、ショウナンアルバ。この馬が今年のクラシックを賑わすことを節に願う。

まとめ
◎ ショウナンアルバ
○ ベンチャーナイン
▲ フローテーション
△ スマイルジャック
スポンサーサイト
【2008/03/21 16:06 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。