スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
難解 ~菊花賞~
 菊花賞のデータ予想を始める。1986年からのデータである。切りデータから。
・ 1勝馬
・ ダービーが5着以下で、かつ前走「神戸新聞杯、セントライト記念」で掲示板外に敗れた
・ 前走500万下に出走
・ 前走2400~2500m以外の1000万下に出走
・ 2200m以上を2勝していない、前走1000万下出走馬
・ 前走神戸新聞杯で2桁人気
・ 前走神戸新聞杯で10着以下
・ 前走セントライト記念で5着以下
・ 前走セントライト記念で4番人気以下
・ 前走オールカマー
そして来ても3着までのデータ。
・ 前走1800m以下
・ ダービー連対経験を持たない神戸新聞杯7着以下敗戦馬
最後に2着までのデータ。
・ 前走OP、GⅢに出走
以上である。
来ても3着までの馬は、ヤマニンキングリー、ミッキーチアフル、シゲルフセルト。
来ても2着までの馬は、ホワイトピルグリム。
勝つ可能性のある馬は、マイネルチャールズ、ナムラクレセント、スマイルジャック、オウケンブルースリ。

以上のデータを踏まえて本命はミッキーチアフル。・・・そう、データは破られるものである。そう簡単に信用してはいけないのである。ミッキーチアフルは残念ながらダービー連対経験のない神戸新聞杯7着であるが、この馬はやれる。先行しての抜群の安定感。ぶっちゃけ逃げる必要はない。気持ちよく番手での競馬が出来れば、頭は十分にありえる。

対抗にスマイルジャック。ハミさえ噛まなければ走るに決まっている。クラシックはこの馬に注目、とずっと前から言っている、私は。複系馬券では決して外せない存在。末脚は無いが確かな先行力。いまだに信じて疑わない世代最強であろうショウナンアルバ(富士Sでより信頼が増した)と接戦を演じた当馬。実際ダービー2着馬という称号も手に入れ、菊花賞で好走する可能性は割りと高い。あとは折り合えるかどうか、それだけ。

オウケンブルースリを単穴にしておく。不振な1番人気とはいえ、堅実な末脚をもつこの馬を無視することはできない。ただ、また脚を余す可能性があるので、1着はわからんが馬券内には確実に絡むとみる。

まとめ
◎ ミッキーチアフル
○ スマイルジャック
▲ オウケンブルースリ
△ マイネルチャールズ
△ ナムラクレセント
△ ホワイトピルグリム
スポンサーサイト
【2008/10/26 00:19 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。